ほっこりかぼちゃの双葉

こんにちは。

今日はかぼちゃ(品種:ほっこり姫)の様子をアップします!

前回は双葉が開く前の発芽直後の様子をお伝えしましたが、ようやくそのかぼちゃも大きな双葉を展開しました!
各点2株植えていますが、この点では奥のほうの生育がいまいちで、すでにかなり大きな差が出てしまっています。
本葉が数枚展開した段階で生育に問題がなければ奥のほうは間引く予定です。

ほっこり姫

完全に開くと・・・こんな感じ。
双葉が他の野菜と比べてかなり巨大なので、すでに葉が重なり合ってしまっています。

ほっこり姫

さて、ここでとっておき情報!
ナスもそうですが、かぼちゃの双葉は夜間~早朝にかけて閉じる性質があるんです!
これは夜明け直後に早起きして撮影した写真ですが、水平に開いていた双葉が確かに閉じていますね。

ほっこり姫

一見明るさに反応しているように思われますが、明るさを一定に保っても24時間のリズムで葉の開閉を行うため、実は、植物には24時間のリズム(体内時計)というものが存在していて、それに支配されてこのような現象が起きています。

その24時間リズムの生成、管理には不明な点が多く、詳細なメカニズムはよくわかっていなかったのですが、2009年になって、細胞内のミトコンドリアという器官が体内時計に重要な役割を担っていることを理化学研究所のチームが突き止めました。

昔から現象として知られていた事実でも、科学的に解明されたのはごく最近・・・奥が深いです。

*この記事は4月中旬時点のものです。

栽培メモ:ほっこり姫(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600