ジェノベーゼパスタ

こんにちは。

今日はバジルを収穫しました。

あまり大きくしすぎると防虫ネットに入らなくなってしまって困るというのも、定期的な収穫の理由の一つですが、収穫することによって、バジルに適度なストレスを与え、トウ立ちを防ぐという目的もあります。

収穫したバジルがこちら。

バジル収穫

ハーブ類は収穫後『洗わずに拭く』のが香りを保つ秘訣とされていますが、Yu-Rinは『ざっと洗う』ようにしています。

よくいわれるように『濡れタオルで拭いて汚れを落とす』と、こすった刺激で油胞が破壊されて精油成分がとんでしまう場合があるので、むしろ、こすらず、ざっと水にくぐらせるようにして洗うと、強い香りがそのまま保てて、砂埃などもきれいに落とすことが出来るというわけです。
(拭いている最中にバジルの強い香りに包まれると、なんとなく、香りが保たれているように感じてしまいますが、実際には油胞が破壊されて精油成分が飛ぶために香ってしまっているということだったりします)

さて、今日は、この採れたてのバジルをふんだんに使った、ジェノベーゼパスタを紹介します。

ジェノベーゼパスタ

(3人分のレシピ)
1. 水気を十分に切った採れたてのバジル60g、火を通した松の実30g、にんにく15g、パルメザンチーズ30g、オリーブオイルをフードプロセッサーでペースト状になるまで攪拌します(オリーブオイルの量はとろんとしたペースト状になるように調節)。

2.塩こしょうを加え、味を調えれば、ジェノバソースの出来上がり!

3.アルデンテに茹で上げたパスタを2のソースに絡めれば、ジェノベーゼパスタ完成♪

とっても簡単で、バジルの風味を贅沢に楽しめます。

ぜひお試しあれ!

栽培メモ:スイートバジル(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650