スイスチャード(間引きのポイント)

こんにちは。

今日はスイスチャードの様子をアップします!

前回、こんな風に密集して芽が出たことをお伝えしましたが、現在は…

ブライトライト

かわいらしい双葉が開きました~!
赤と黄色が交互になるように間引きを行って、ほらこの通り!
きれいに等間隔に並びました。

スイスチャード

スイスチャードには間引きのポイントがあるので、ここでちょっと紹介しておきます。
まず1つ目は、上の写真のように色のバランスを考えて間引きすること。厳密に交互になる必要は無いのですが、色が極端に偏ってしまうと、せっかくの美しいカラフルな葉柄が台無しになってしまいます。
*もちろん、色のバランス以上に生育の良い株を残すのが最優先です。

そして第2のポイント。それはスイスチャードの種の性質上、どうしても密集状態からの間引きになるので、そのまま普通に引き抜かず、小さなハサミでチョキッと切って間引いてあげることです。
他の野菜のように根ごと引き抜くと、残したい芽の根を痛めてしまう場合があるので注意しましょう。
*写真中央よりちょっと左の赤いのが切った跡

これで準備は万端。本葉が出てくるのが楽しみです!!

栽培メモ:ブライトライト(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650