チマサンチュ(青葉種)の種まき

こんにちは。

まだ7月だというのに猛暑・・・すでに夏バテ気味で家庭菜園どころじゃないというかたも多いかと思います

こんなときは焼肉を食べて、元気にスタミナをつけましょう

・・・でもその前に、焼肉に欠かせないサンチュを種からじっくり育てましょう

サンチュの種はこんな形状。もみがらのような細長い形をしています。発芽に光が必要なため(←ここが重要)、ごく浅く土をかぶせるようにして水を与えておけば数日で発芽します。

チマサンチュ

タネの蒔き方ですが、最終的にかなり大きく育つので、レリーフプランターなら点蒔きで、4点くらいが適切。1箇所あたり、タネを8粒程度蒔いておけば安心です(8粒x4箇所=32粒/プランター)。

関連コンテンツ>種まきのコツ

播種後4日目で揃って発芽しました

チマサンチュ

1箇所当たり4株以上発芽してくれていれば理想的です。

チマサンチュ

さらに数日してこれくらい完全に双葉が展開したら、育ちの悪いものを間引き、各点4株、プランター全体で16株残すように間引きを行いましょう。

チマサンチュ

各点、できるだけバランスよく4株を残して間引いた後の様子はこんな感じ。

チマサンチュ

ちょっと小さくて見づらいですが、全体としてはこんな感じになります。奥に見えるのは防虫ネット、播種直後から常に防虫ネットをかけておきましょう。

チマサンチュ

Facebookをアカウントお持ちの方は「いいね!」にご協力をお願いします
大好き!プランター菜園Facebookページ:http://www.facebook.com/plantersaien

栽培メモ:チマサンチュ【青葉種】(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650