ミニニンジンも栽培スタート!(1作目1日目)

今日からミニニンジンの栽培をスタートします!

通常、この時期に種まきをすることは少ないと思いますが、私が狙っているのは年3作の栽培で、予定では、1月蒔き~4月中旬収穫、四月下旬蒔き~7月収穫、8月蒔き~10月収穫と、ちょっと欲張りなプランです。

実際には予定通りだと、11月と12月が余るので、多少予定が遅れたとしても、来年の1月にはまた種まきが出来る計算になります。

通常の五寸ニンジンでは栽培期間が長すぎて年三作はかなり難しいので、今回は生で食べても美味しい、家庭菜園向きの極早生種ミニニンジン「ピッコロ」を栽培することにしました!

今日は種まきの様子をアップします。

ニンジンの種はまるでおが屑のように、ちょっと変わった形状をしていて、風が吹くと飛んでいってしまうほど、軽くて小さいのが特徴です。(ちょうど写真中央に2つ重なって写っているのがミニニンジンの種、下のほうのオレンジ色っぽいのは培養土成分のバーミキュライト)

この上に軽く土を掛けて、水をたっぷり与え、ビニールでトンネル保温して今日の作業は終了。あとは発芽を待つのみです。

ミニニンジンの種

栽培メモ:ピッコロ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600