リーフレタスのプランター栽培スタート!

こんにちは。
今日からリーフレタスのプランター栽培をスタートします!
今回は、プランターへの土入れ、種まき、防虫ネット被覆まで行いたいと思います。

コマツナのときと同じように、培養土をプランターに入れて、十分に水を与え、タネをまきます。

リーフレタスは株間を広く開ける必要があるため、条まきではなく、左側に2株分、点まきしています(株間10cm程度、各点ペレット種子3粒)。大きく加工されたペレット種子は播きやすく作業が楽チンです。

リーフレタス(1日目)

余った右側のスペースはあんまりたくさんリーフレタスがあっても困るので、またコマツナの種を播いておきました(3列、条まき)。

リーフレタスは発芽に光が必要なため、ごく薄~く土をかぶせておき、コマツナのほうは水はけがよくなるように畑の畝(うね)っぽく、条間を少しだけ掘り下げ、発芽する部分を高くしています。

前回のコマツナ栽培のときは追肥予定がなかったので平らな状態で栽培していましたが、今回は気温の低下とともに生育に時間がかかり、追肥が必要になりそうなので、あらかじめ肥料を与える溝を作っておいたのです(詳細はまたそのとき書きます)。

最後に、防虫ネットを設置して今日の作業はおしまいです!

リーフレタス(1日目、防虫ネット設置後)

あとは毎日欠かさず水やりを行って、発芽を待つのみです!

栽培メモ:レッドファルダー(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650