大玉トマトも着果

こんにちは。

大玉トマトの『ホーム桃太郎』がようやく着果しました!

ほかの中玉、ミニトマトもぐんぐん生長中です。まずは、大玉トマト『ホーム桃太郎』の様子から。

これは第一花房の様子です。一番手前の1果だけですが、しっかりと着果しました。第一花房にたくさん実がついてしまった場合は3つだけ残して、あとは全部摘果する予定です。

ホーム桃太郎

次に、タネから育てている『フルティカ』の第2花房の様子です。
第1花房についた5個のトマトは全て収穫済みですが、第2花房もぞくぞくと赤くなって、収穫間近です♪

フルティカ第2花房

こちらはタネから育てたフルティカのわき芽を庭に挿して育てている2世代目フルティカです。
プランターで育てた1世代目フルティカは第1花房の着果数が5個でしたが、直植えではなんと、こんなにたくさん着果しました!!

フルティカ、直植え

2世代目なのが良かったのか、直植えなのがよかったのかを判断するために、同じようにプランターに挿し木して育てている2世代目フルティカの様子もアップします。
やっぱりこちらも1世代目よりたくさんの実がついていますね♪
特に、直植えだから沢山着果したという訳ではないことがわかって、プランター菜園ぶろぐ的には一安心…(たぶん気候の影響が大きいのだと思います)。

フルティカ2世代目

でも、着果数の競争なら、やっぱりミニが断トツ!
下の写真はミニトマト『千果』の第1花房の様子ですが、第1花房からこんなにもたくさんの花が咲き、一部が実になってきています。

千果

最後は、『レジナ』。
この写真だと見づらいですが、ちょっとだけ花芽も出来てきました。開花が楽しみです!

レジナ

栽培メモ:レジナ(サカタのタネ)ゴールデン粒状培養土野菜用、プラスチック製12cmポット

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型ベジタブルポット10号