定植+わき芽かき+挿し木(トマト1作目68日目)

こんにちは。
今日の内容は盛りだくさんです!

トマトを大きな鉢に植え替えて、わき芽が出てきたのでわき芽かきを行い、さらにそのわき芽をポットにさして、挿し木まで行いました。

まずは、大きな鉢への植え替えから!
12cmポットから苗を出すと、こんな感じに根が回っていました。

トマト植え替え

ここに土をたっぷりと入れ、水をかけ、支柱を立てれば、植え替え完了です!
植え替え後の写真です。なかなかきれいに育ってくれていますね♪

でも実は、植え替えの際に、双葉に指がぶつかってしまって双葉が片方とれてしまいました(ショック…)。

トマト植え替え2

気を取り直して…、トマトを良く見ると、第一花房のすぐ下のわき芽がぐんぐん伸びてきていることに気づきました。

太い主枝から細い花房が出ていて、その下にやや太い葉が主枝に対して直角にでています。その付け根から右上方向に出てきているのがわき芽です。

わき芽(トマト1作目68日目)

トマトは一般的に、すべてのわき芽を取り去って、一本仕立てにするのが良いとされていますので、今回、わき芽を指で折り取り、主枝に栄養を集中させることにしました。
トマトはこのわき芽の生命力が非常に強く、直接土に埋めておけば根が生えて、もう一本、苗を増やすことが出来ますので、とったわき芽は捨てずに、12cmポットに植えておきました(バックアップ用)。

万が一、メインの苗に(病気や主枝折れなど)何か問題が生じた場合には、こちらの苗が活躍することになります。

トマトの挿し木

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフスクエアープランター300