強力な相棒が仲間入り!(EF100mm F2.8L マクロ IS USM)

こんにちは。

このブログ用の写真は昨年の初夏ごろから全てキヤノン(キャノンじゃなくあくまでCANON=キヤノン)の一眼レフで撮影しているのですが、今回新たに超強力なレンズを入手しちゃいましたのでご紹介します!

そのレンズは…EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
レンズ

私が良く使っている標準ズームレンズと比べるとかなりがっちりとした感じのレンズですが、非常にきれいなマクロ写真が撮れるということで、思い切って買っちゃいました。

今回購入したマクロレンズだと一見平凡なお花であっても大きくクローズアップすることができて、しかもピントが合って見える範囲をピンポイントで調節することが出来るので何かと便利なんです。

と、言っても…イメージが掴み辛いと思いますので、以下の写真をご覧ください。
仲間入り記念に手持ち撮影(三脚未使用)でお花を撮ってみました。

まずは赤いバラから…。
赤の世界

よかったら、ご一緒に白いお花もいかがでしょうか…?
白の世界

このほんわ~りとしたやさしい感じ。これなんです♪

実は、これはず~っと前から欲しいと思っていたレンズ。
これさえあれば、どんなに小さな双葉も、エダマメの数ミリしかないお花でも、良い被写体に出来そうな気がします♪

春の新芽が出る時期や夏野菜のお花が咲く頃に大活躍する予定なのでお楽しみに!