Yu-Rin流!かぼちゃの育て方

科名

ウリ科

栽培難易度

★★☆☆☆(病気に強く、ウリ科野菜としては比較的育てやすい)

播種適期

4月播種、7月収穫という作型がお勧めです。

お勧めの品種

タキイ種苗の「ほっこり姫」がプランター菜園にはお勧めです。

(主な特徴)
・小玉種のため、狭いスペースでも育てやすい(←プランター菜園的に重要)
・高粉質でキメの細かい肉質、甘味が強く食味が良い。
・雌花率が高く、着果が安定。

プランター選びと播種法

かぼちゃは栽培期間が長く、根量も多くなるため、容量の大きなプランターを使用したほうが多収となります。
以下の記事で使用している深型レリーフプランター600なら2点の点まき(各点2粒)、直播きがお勧め。

4月上旬に播種を行う場合は外気温が発芽温度に達しないため、種が隠れる程度に土をかぶせ、水を与え、ビニールトンネルで保温すると1~2週間ほどで発芽させることが出来ます。
(4月下旬に播種を行う場合は保温せずに土をかぶせて水分を与えるだけで発芽します)

ほっこり姫

発芽直後の姿。

ほっこり姫

発芽後の管理

かぼちゃで必要とされる発芽後の管理は、水遣り、間引き、追肥、整枝、支柱立て、誘引、人工授粉、摘果です。

水遣りのポイント

土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。
かぼちゃはウリ科野菜としては過湿になっても病気になりづらく丈夫に育ちますが、根張りを良くし、栽培後半の草勢を強くするため、適湿を心がけます。

間引きのポイント

間引きは本葉が2枚のときに行うのがお勧めです。
状態の良いものを残して、虫害を受けたもの、成育の悪いものを選んで間引きます。

間引き適期のかぼちゃ。
左側の株のほうが旺盛に成長しているので左を残して右を間引く。

ほっこり姫

追肥のポイント

栽培期間が長いので収穫前は2週間おきを目安に追肥を行います。

葉の色合いを見て明らかに栄養不足と考えられる場合(葉色が薄い、黄色っぽい)は、随時液肥で対応します。

生育の様子

最終間引き後、これくらいのサイズになったらあちこちから脇芽が出てくるので、遅れずに脇芽かきを行って、1本仕立てに整枝します。

ほっこり姫

脇芽かき前。

ほっこり姫

脇芽かき後(指でつまんで簡単に折り取ることが出来ます)

ほっこり姫

各節の脇芽をすべてとったらこんなにすっきり!
風通しが格段によくなりました
ついでに本支柱を設置して、麻ヒモで誘引しています。

ほっこり姫

本支柱は、ただ1本、土に挿しておくだけでは簡単に風などで倒れてしまうため、2メートルほどの長い支柱をプランターの底まで4本しっかり挿して、まず2本ずつ上で結び、さらに1本細い支柱を横に渡して、計5本の支柱でがっちり組むと風が強い日でも安心です。

ほっこり姫

週に一回ほど、支柱への誘引と脇芽かきを行って、まっすぐ1本に育てます。

ほっこり姫

花が咲き始めたら、人工授粉を行いましょう!
*人工授粉について詳しくは「こちら」の記事を参照してください。

受粉に成功すると表面につやが出て、ぷっくら膨らんできます。
1株につき、2果を目標として、プランターあたり4果を収穫の目安とします(それ以外は全て摘果または摘花)。

ほっこり姫

毎日ぐんぐん肥大して、一定のサイズになると表面のつやがなくなり、マットな質感が出てきます。

ほっこり姫

完全につやが無くなり、果硬部に縦方向の亀裂が少しでも入れば収穫の適期!

ほっこり姫

はさみで切り取って収穫しましょう!

ほっこり姫

中には種がぎっしり!
包丁で二つにカットするとあま~い香りがあたり一面に広がります

ほっこり姫

採れたてのカボチャは一週間ほどキュアリングしてから頂くと(詳細は後述)、煮ても焼いても揚げてもグラタンにしても甘味と風味が豊かで美味しいですよ!

かぼちゃまるごとグラタン

ほっこり姫

栽培の要点

最後に、かぼちゃ(品種:ほっこり姫)栽培の要点をまとめます。
*品種によって性質が異なるため、他品種では必ずしも当てはまらないことにご注意ください。

・主枝1本仕立てにする。

1株から2果の収穫を目標とする(3果以上着果したら摘果)。

・人工授粉を行って6節目以上で着果させる。

・1番果の着果節までの脇芽は全て除去。以降の脇芽は草勢維持のため放任。ただし雌花節は側枝を除去して肥大を促進させる(雄花節は草勢維持のため放任)。

・着果すると自然に成長が止まるため主枝の先端は摘心しない

収穫適期判断のポイント

長くなるので「こちら」の記事を参照してください。

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~病虫害に注意!

かぼちゃはウリ科なので、アブラムシやウリハムシなどの害虫に好まれます。
食害自体も問題なのですが、虫が病原菌を媒介するため、病気の感染原因になることが一番の問題です。

かぼちゃはかなり病気に強い野菜ですが、無農薬栽培では万が一重篤な病気にかかってしまうと撤去する以外に方法がないため、病気の原因となる虫害には細心の注意を払います。
(株のサイズが大きく、防虫ネットで覆うことも困難なので、見つけ次第捕殺するのが基本)

~その2~適期収穫に努める!

詳しくは「こちら」の記事に書いていますが、『縦方向の亀裂』これが重要なポイントなので、よく観察してサインを見逃さないようにしましょう。

~その3~キュアリング=採れたてを食べない!

詳しくは「こちら」の記事をご参照ください。どんな野菜でも採れたてが美味しいものですが、かぼちゃに関してはしばらくキュアリングしてから頂いたほうが食味が良く、甘さもアップします。

コラム~かぼちゃの雄花と雌花~

カボチャには2種類の花、すなわち雄花と雌花があります。

花のすぐ下にふくらみがないのが雄花。

ほっこり姫

雄花の中を覗き込むと・・・
花粉がびっしりと詰まっています。

ほっこり姫

花の付け根にふくらみがあるこちら↓のお花が雌花。
受粉の成否に関わらず、このサイズまではかならず肥大が進み、ここから先、かぼちゃとしてぐんぐん肥大できるかどうかは受粉の成否にかかっています。

ほっこり姫

雌花の中を覗き込むと・・・
雌しべが花粉の到来を待っています

ほっこり姫

人工授粉の際に雄花と雌花を間違えるということは滅多にないと思いますが、時々、そんな笑い話をネットで見かけますので気をつけましょう

栽培メモ:ほっこり姫(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600