Yu-Rin流!キュウリの育て方

科名

ウリ科

栽培難易度

★★★☆☆(整枝の知識、病虫害管理、摘果など、やや技術が必要)

播種適期

品種にもよりますが、4月播種~6月収穫開始~8月まで収穫という作型が基本です。
夏蒔き~秋収穫も可能ですが、管理が難しいため、プランター菜園の経験が浅い方は、春まきがお勧めです。

お勧めの品種

タキイ種苗の「Vアーチ」がプランター菜園にはお勧めです。

(主な特徴)
・葉のサイズが小さく、立性。狭いスペースでも良く育つ(←プランター菜園的に重要)
・ウイルス病(特にZYMV)・べと病・うどんこ病・褐斑病に耐病性(←無農薬栽培をする上で重要)
・雌花率が非常に高く多収
・耐暑性が強い

プランター選びと播種法

キュウリは栽培期間が長く、根量も多くなるため、容量の大きなプランターを使用したほうが多収となります。
以下の記事で使用している深型レリーフプランター600なら2点の点まき(各点3粒)、直播きがお勧め。

4月上旬に播種を行う場合は外気温が発芽温度に達しないため、種が隠れる程度に土をかぶせ、水を与え、ビニールトンネルで保温すると1週間ほどで発芽させることが出来ます。
(4月下旬に播種を行う場合は保温せずに土をかぶせて水分を与えるだけで発芽します)

Vアーチ

発芽直後の姿。

Vアーチ

発芽後の管理

キュウリで必要とされる発芽後の管理は、水遣り、間引き、追肥、整枝、支柱立て、摘果、摘心です。

水遣りのポイント

土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。

キュウリはその果実のほとんどが水分なので、生育には非常に大量の水分を必要とします。
特に収穫期は根が水分を急速に吸い上げるためすぐに土が乾いてしまいますが、絶対に水分を切らさないよう気をつけます(樹勢の低下、変形果の発生原因)。

間引きのポイント

間引きは本葉が1~4枚の間に2回に分けて行うのが基本です。
状態の良いものを残して、虫害を受けたもの、成育の悪いものを選んで間引きます。

1回目の間引き。3株発芽したうちの1株を引き抜いて、各点2株に。

Vアーチ

さらに本葉3~4枚までに各点1株に間引き、仮支柱を設置する。

Vアーチ

追肥のポイント

栽培期間が長いので収穫前は2週間おきを目安に追肥を行います。
収穫期に入ると肥料切れをおこしやすくなるため、特にVアーチのような小葉種の栽培を行う場合は、1週間おきを目安に少量多頻度の追肥を行います。

葉の色合いを見て明らかに栄養不足と考えられる場合(葉色が薄い、黄色っぽい)は、随時液肥で対応します。

生育の様子

ある程度大きく成長したら本支柱を設置し、麻ひもでしっかり誘引します。

Vアーチ

この頃になると脇芽もたくさん出始めます。
ある程度の高さ(7~8節くらい)になるまでは親ヅルの成長を優先させたほうが結果的に多収となるため、脇芽かきを行います。

(脇芽かき前の姿)

Vアーチ

(脇芽かき後)

Vアーチ

各節で同様に行って、脇芽かき終了後の株はこんなにすっきり!
風通しも良くなりました

Vアーチ

定期的に本支柱への誘引を行ってまっすぐ上に成長させます。

Vアーチ

次第に花も咲き始めますが、8節目までは全ての雌花、側枝を除去し、9節目からは側枝を1~2節で摘心して管理します。

Vアーチ

『側枝を1節で摘心する』についてもう少し詳しく説明すると・・・
下の写真右下から右上に向かって伸びているのが親ヅルで、左に向かって伸びているのが葉と子ヅルなのですが、Vアーチは小ヅルの1節目に必ず着果するので(手前に向かって伸びているのが幼果)、そのすぐ先でカットして摘心します。

Vアーチ

尚、雌花率の優れた品種ではこのように1つの節に2つ着果してしまう場合がありますが、この場合は1つ摘果して、各節1果とします(樹勢低下防止のため)。

Vアーチ

雌花率の高い最新の品種だと、子ヅル、親ヅルの各節に連続着果するので、このとおりたくさん収穫できます

Vアーチ

収穫したキュウリ

Vアーチ

夏の暑い日に、採れたてを生でそのままバリッと食べるのも最高ですが・・・一手間かけてもこれまた絶品です

Vアーチ

栽培の要点

最後に、キュウリ(品種:Vアーチ)栽培の要点をまとめると以下のようになります。
*キュウリは品種によって着果性や雌花率、樹勢などが大きく異なるため、他品種では必ずしも当てはまらないことにご注意ください。

・親ヅルは支柱の先端に達するまで摘心せず、1本仕立てとする。

8節以下の雌花と側枝は全て除去し、親ヅルの成長を優先させる。

12節目の側枝は摘心せず放任し、葉面積と根量を確保、収量もアップ!

・1つの節(同一箇所)に複数着果した場合は、1果残して他は摘果。

・主枝(親ヅル)の各節の連続着果は何節連続しても摘果せず全て収穫

9~11節の側枝は1節で摘心(親ヅルから1果+側枝から1果収穫=各節2果収穫)。

13節以降の側枝は2節で摘心(親ヅルから1果+側枝から2果=各節3果収穫)。

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~病虫害に注意!

キュウリはウリ科なので、アブラムシやウリハムシなどの害虫に好まれます。
食害自体も問題なのですが、虫が病原菌を媒介するため、病気の感染原因になることが一番の問題です。

特にキュウリは病気にかかりやすく、無農薬栽培では病気にかかってしまうと撤去する以外に方法がないため、病気の原因となる虫害には細心の注意を払います。
(株のサイズが大きく、防虫ネットで覆うことも困難なので、見つけ次第捕殺するのが基本)

お勧め品種のコーナーでも書いたとおり、Vアーチは数あるキュウリ品種の中で最も耐病性に優れた品種の一つではあるのですが、過信せず細やかな管理を心がけましょう。

~その2~若採り収穫が多収の決め手!

1株からたくさんキュウリを収穫するためには、あまり大きく肥大させず、テンポよく若採り収穫し、株を疲れさせないようにするのがポイントです。

コラム~キュウリの雄花と雌花~

ウリ科野菜の難しいところは、雌雄別花であるところで、そのために煩雑な人工授粉が必要なのですが・・・実は、キュウリについては受粉しなくても肥大する特徴があるため、他の科の野菜と同じように、特別な処理無しで簡単に栽培できちゃいます

野菜として栽培する場合には受粉が不要で、雄花は何の役にも立たないため、最近は雌花率の高い品種が多くなりました。
とはいえ、100%雌花ということはなくて、ごくたま~に雄花が咲きます。

これがその雄花です。

Vアーチ

正面からだとよく分かりませんが、花の付け根が肥大していないことが分かります(左下が雄花)。

Vアーチ

雌花はこちら↓

Vアーチ

雌花を横から見ると、小さなキュウリがついていることから、雌雄を容易に見分けることが出来ます。

Vアーチ

栽培メモ:Vアーチ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600