Yu-Rin流!ピーマンの育て方

科名

ナス科

栽培難易度

★★☆☆☆(病気に強く、プランター1つで手軽にたくさん収穫できる)

播種適期

厳寒期の1~2月播種⇒室内育苗⇒5月上旬定植⇒6~7月収穫スタート⇒11月まで収穫というスケジュールがお勧めです。
収量は減ってしまいますが、5月上旬蒔きなら無保温直播きで手間をかけずに栽培することも可能です。

*一般的には苗を購入して栽培しますが、このサイトでは『種から、無農薬で、野菜を、プランターで育てる』ことにこだわっています。一度は種から育て、ピーマンの一生を観察し、そこから『何か』を感じていただくことをお勧めします。

お勧めの品種

タキイ種苗の「京ひかり」がプランター菜園にはお勧めです。

(主な特徴)
・草勢が強く、低温~高温期まで着果が安定
・PMMoV(トウガラシマイルドモットルウイルス)L3型耐病性
・スタミナに優れ、栽培後半まで果実の着果が安定し、長期栽培に向いている

プランター選びと播種法

厳寒期の播種を行って、長期収穫を狙う場合、ポット育苗がほぼ必須です。

多くの家庭菜園参考書や、他サイトで推奨されている特別な『催芽処理』や、高価な『加温育苗器』も、以下の方法なら必要なく、もっと自然な方法で簡便確実に栽培を進めることが出来ます

育苗用ポット選びと播種

播種、育苗用のポットは鉢の開口部の直径が12cm前後のものを使用します。
ビニール製のポットが一般的ですが、室内育苗用に(もし入手可能であれば)プラスティック製の12cmポットのほうがより好ましいです。
(室内でビニールポットだとどうしても汚くなりやすいので。。。)

プラスティック製12cmポットは100円ショップなどで入手できます。
ちょっと入手しづらいかもしれませんが、兼弥産業株式会社のスリット鉢が手に入れば、育苗環境としては最も理想的です。(普通の鉢とどう違うのかはこちらのサイトに詳しいです。類似品に注意!)

1つのポットに3~4粒、少し間隔を離して種を蒔き、乾燥させないように毎日水遣りを行って、室内で管理します(霧吹きで水遣りすると便利です)。
最終的に1つのポットから1株を厳選しますので、2株定植したい場合は2つのポットで育苗を進めます。

土は専用の「種まき用培養土」である必要は無く、いつも使用しているもので大丈夫です。表面にバーミキュライトを一面に薄く敷いておくと水分の蒸発が抑制され、より発芽しやすい上、室内に置いたときの見た目もきれいです。
置く場所としては、室内の出来るだけ光の当たる場所(=窓際)がお勧めです。

厳寒期(1月)に播種、種が隠れる程度に土をかぶせ、室内育苗により自然発芽させたピーマン。播種後2週間前後で一斉に発芽。

ピーマン1作目18日目

定植用プランター選び

ピーマンは栽培期間が非常に長く、播種から撤収まで11ヶ月の栽培となるため、根量も非常に多くなります。
根詰まりによる生育不良を回避するため、出来るだけ容量の大きなプランターを選びましょう。
私がブログで使用している深型レリーフプランター600なら2株、レリーフスクエアープランター300なら1株植えが最適です。

発芽後の管理

ピーマンで必要とされる発芽後の管理は、水遣り、間引き、支柱立て、 定植、追肥、整枝です。

水遣りのポイント

(定植後)土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。
頻繁に水を与えすぎると根腐れによる生育不良の原因になります(特に冬季は注意)。

間引きのポイント

間引きは成長の様子を見ながら、葉が重なり合わないように数回に分けて行うのが基本です。
状態の良いものを残して、虫害を受けたもの、成育の悪いものを選んで間引きます。

1回目の間引き後(発芽~本葉1枚時、1株間引いて3株に)
*ピーマンは2枚セットで本葉が出ます

ピーマン1作目26日目

葉が重なるようになったら2回目の間引きを行って2本立ちに。

ピーマン1作目33日目

これくらいのサイズでさらに間引きを行い、1本立ちにします。

ピーマン1作目46日目

追肥のポイント

室内育苗中は原則追肥は不要です。
元肥入りの培養土なら肥料は不要。
元肥が入っていない培養土や古土なら間引きついでに元肥を1回施し、以降定植まで追肥は不要です。

定植後は定期的に2~3週間に一回を目安に追肥します。

生育の様子

最終間引き後は水遣りを忘れずに行って、室内の窓際で成長させますが、ある程度大きくなったら鉢増しします(2月以降の播種なら5月上旬の定植まで12cmポットで育てても構いません)。

鉢増し直後の姿。
四月下旬までは室内管理を基本としますが、可能なら暖かい日中は外へ出してあげると元気にがっちり育ちます。
下の写真では記事冒頭で紹介した、兼弥産業株式会社のスリット鉢を使用しています。

ピーマン1作目88日目

5月上旬、遅霜の心配がない頃にプランターへの定植を行って、室内管理は完全に終了です。
定植時、太くしっかりした本支柱(100cm前後)を設置し、麻ひもで誘引します。

定植(ピーマン1作目107日目)

定植後半月ほどして根付きの安定を確認したら、3本仕立てに整枝します(具体的な方法はナスの育て方をご覧ください)。

しばらくすると、たくさんの花が開花します。無農薬栽培の場合、人工授粉は基本的に必要ありません。

ピーマンの花

花がやがて結実し、1株にたくさんの実をつけます。

京ひかり

プランター栽培で1株から100個以上、プランター1つに2株植えるとプランターあたり200個以上の収穫が可能
取り遅れて赤くなってしまう前に、新鮮な果実を若取りするのがポイントです。

京ひかり

取れたてのピーマンをピザの具として使えば、ピーマン嫌いのお子さんでも喜んで食べてくれますよ

京ひかり

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~虫害に注意!

ピーマンはハダニやアブラムシなどの小型害虫に好まれます。
放置すると虫を介して病気に感染する場合があるので、定期的に葉裏をチェックし、見つけ次第捕殺するようにします。
対処困難なほど虫害が深刻な場合は、ナスの育て方で書いた更新剪定のように株全体を切り戻す
か、あるいは株元を少し残してばっさりカットして対処します(すぐに脇芽が伸びて1ヶ月ほどで再生します)。

~その2~早取りを心がけよう!

ピーマンは苦味のある未熟果を食用としますが、放置するとパプリカのように完熟し、赤くなってしまいます。

完熟ピーマン

株を疲れさせないためにも、出来るだけ早取りを心がけ、ピーマン特有のフレッシュな苦味を美味しく頂きましょう。

~その3~直播きも可能!

技術的に難しいと感じる場合は、4~5月暖かくなった頃、プランターへ直播き(点蒔き、各点3~4粒)して、外で同様に栽培することも出来ますし、市販ポット苗を購入して栽培するのもお手軽&確実です。

~その4~連作禁止!

ナス科野菜は連作障害を受けやすい性質があります。栽培期間が約1年なので、栽培終了後、同じ土とプランターを使ってまた種まきをしたくなりますが、土は交換することをお勧めします。

~その5~尻腐れに注意!

トマトほどではありませんが、ピーマンも生育にカルシウムを多く必要とします。
定植の際に使用する培養土にはあらかじめ苦土石灰を施しておき、よく混ぜ込んでおきます。
カルシウムが不足すると果実のお尻が変色する生理障害が発生するので、その場合は市販のカルシウム補給用液体肥料の葉面散布で対応するか、苦土石灰をプランターの隅に追加してカルシウム分を補います。
*『石灰』を後から追加すると根を痛めるので、必ず粒状の『苦土石灰』を使用します。

土中のカルシウムが十分あっても、水分が不足すると、カルシウムを十分吸い上げることが出来ず、同様に尻腐れが発生するので、水分量にも注意します。

栽培メモ:京ひかり(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600