Yu-Rin流!二十日大根の育て方

科名

アブラナ科

栽培難易度

★☆☆☆☆(根菜の中では最も易しい)

播種適期

周年、栽培が可能です!
ただし、猛暑が続く夏季は、根の肥大が悪く、食味も悪いためお勧めしません(甘味が少なく、辛味が強い)。
逆に、厳寒期はビニールトンネル保温を行うことにより、非常に食味に優れたあま~い二十日大根を収穫することが出来ますが、やや栽培難易度が高いため、プランター菜園の経験が浅い方は3~7月、9~11月の中間期に栽培することをお勧めします。

お勧めの品種

タキイ種苗の「コメット」がプランター菜園初心者にはお勧めです。
ただ、どの品種を選んでも栽培上の違いは軽微で、一口に二十日大根(ラディッシュ)といっても様々な種類(色、形、大きさ、食味)があるので、外見的な好みで選ぶのも良いと思います。

(主な特徴)
・周年栽培が可能
・二十日大根の中でも特に栽培が容易
・可食部は美しい鮮紅色で、きれいな球状
・肉質は緻密で、食味が良い

プランター選びと播種法

二十日大根は栽培期間が短いため、どんなプランターでも良く育ちます。
私が良く使用しているレリーフプランター650なら2条、ベジタブルプランター浅型600なら3条まきがお勧め。
播種間隔は0.5cm~1cmが一応の目安です。

種が隠れる程度に土をかぶせ、毎日水遣りを行えば3日ほどで発芽します。

レリーフプランター650、2条まき、発芽直後の姿。

コメット

発芽後の管理

二十日大根で必要とされる発芽後の管理は、水遣りと間引きです。元肥が十分に施されているという前提で、追肥は基本的に必要ありません。

水遣りのポイント

土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。
乾燥させると根が変形してきれいな球形にならなかったり、辛味が出たりするので、水分を切らさないように心がけます。

間引きのポイント

間引きは本葉が1~3枚の間に2回に分けて行うのが基本です。
状態の良いものを残して、虫害を受けたもの、成育の悪いものを選んで間引きますが、適期だとほとんど差が出ず、どれも良く育つ場合が多いので、現実的には株間を意識して、『場所を基準に』間引くことが多いです。

間引き菜収穫用に少し厚めに蒔いた二十日大根。間引き前の姿

二十日大根

1回目の間引き後。本葉が2~3枚のときにもう一回間引いて最終株間に調節します。

二十日大根

プランター菜園における最終株間は3~4cmが目安。

収穫適期で根の直径が2~3cmに肥大するので、あえて株間を2~3cm間隔に狭めにとると、真っ赤なラディッシュが最終的にはプランターに隙間無く並んで、ちょっとキュートな感じになります

追肥のポイント

栽培期間が短いので適期なら原則追肥は不要です。
元肥入りの培養土なら肥料は不要。
元肥が入っていない培養土や古土なら間引きついでに元肥を1回施し、以降追肥は不要です。

厳寒期はビニールトンネル保温を行っても栽培期間が長くなるので、3週間おきを目安に追肥が必要です。

栽培時期を問わず、葉の色合いを見て明らかに栄養不足と考えられる場合(葉色が薄い、黄色っぽい)は、即効性の固形肥料を追肥するか、液肥で対応します。

生育の様子

1回目の間引き後、順調にすくすく成長している二十日大根。

コメット

最終間引きを終えて、地上部がこれぐらいのサイズにまで成長すれば、株元もかなり肥大が進み、収穫は間近。

コメット

上の写真と同時に撮影した株元の様子。

コメット

大きくなったものから順に収穫し、取り遅れないようにするのがポイント。
冬季に栽培したラディッシュは生で食べても甘~いフルーティーな食感が楽しめる

二十日大根1作目86日目

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~虫害に注意!

二十日大根はアブラナ科なので、害虫に非常に好まれます。
ただ、小松菜のそれと比べると、被害は軽微で、短期間で収穫できることから、それほど神経質になる必要もありません。

私は根だけではなく、葉も調理して無駄なく食べたいので、播種直後から収穫直前まで、防虫ネットを使用して、害虫の侵入を防ぎ、きれいな葉ごと引き抜いて収穫するよう心がけています。

⇒防虫ネットについてはこちらの記事を参照してください。

~その2~早取りを心がけよう!

根が大きくなると外観的には立派で写真的には映えますが・・・実際には”す”が入ったり、甘味が低下して辛味が増すなど、食味が悪くなるため、2cmを超えたら出来るだけ早めに順次収穫し、生食するのがお勧めです。

~その3~冬季はビニールトンネルで生育促進!

真冬に栽培する場合はビニールトンネル保温が必要です。詳しくは『道具選びのポイント>保温用ビニール』のコーナーや、過去の二十日大根栽培記事を参照してください。
*寒い時期のほうが糖度が高く、食味は良い傾向があります。

~その4~名前に騙されないで!

二十日大根という名前なので、20日で収穫出来そうなイメージがありますが、生育適温となる中間期でも、播種後20日で収穫するのはかなり難しいです。
焦らずじっくり、株元の肥大を確認しながら栽培しましょう。

コラム~間引き菜食べ比べ~

みやま小かぶ、二十日大根、小松菜の間引き菜、どれもあくが少なく、生でも、美味しくいただけますし、味噌汁の具など、ちょっと熱を通してもこれまた美味しくいただけます!

これは、みやま小かぶの間引き菜。
生で食べると、わりとさっぱりした味わいで、クセがなく、食べやすい食感です。

みやま小かぶ

次は、二十日大根の間引き菜。
これは表面に細かい毛があって、生だと舌触りがちょっとざらっとしているので、これメインではなく、サラダにちょっとトッピングして食感のアクセントを楽しんだり、または熱を通して少ししんなりさせると美味しいです。

二十日大根

最後に、小松菜の間引き菜。
小松菜独特の風味がいっぱいで、まだやわらかく、アクもないので、生で食べるのがお勧め!
嫌いな人は嫌いかもしれませんが、Yu-Rin的には間引き菜の中で一番美味しいと思います。
味と食感だけなら収穫適期の小松菜より美味しいといっても過言ではないくらいに絶品です

楽天

栽培メモ:コメット(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650