玉ねぎ苗完成!

こんにちは。

タネから育ててきた玉ねぎ(O・P黄)が、ようやく『玉ねぎ苗』として適期になりました(11月20日)。

タネから育てる場合は・・・
タネ→玉ねぎ苗→ホーム玉ねぎ→玉ねぎ(収穫)
という過程をたどるため9ヶ月ほどかかりますが、2ヶ月間かけてようやく最初のステップ(タネ→玉ねぎ苗)を無事終えたことになります。

タネから栽培に使用してきたプランターはそのまま移植せず継続して玉ねぎの収穫まで使用できるので、全ての苗を適期の『玉ねぎ苗』として抜いてしまわずに、5cm程度の株間になるように『間引く』イメージで苗を抜き取ります。
(根が切れてしまわないように、移植ゴテなどで『掘り起こす』ほうが確実)

O・P黄

大量に抜き取った苗(下の写真)は、捨ててしまうともったいないので、別のプランターに株間5cmで植えつけて上の写真と同じような形にすれば、たくさんの玉ねぎを無駄なく収穫することが出来ます!
移植する場合は、上の写真を参考に深く植えすぎないように注意しましょう。純白の部分が完全に土に埋まり、葉が左右に分かれる部分は土表面よりかなり上にあるのがポイントです。

O・P黄

また、移植する場合は、出来るだけ良い苗を選抜して、いまいちなものは捨ててしまうのがよいです。

優良な玉ねぎ苗の条件:

・葉が青々していて力強い。
・根元が肥大しておらず直径は6~7mm程度。
・根がしっかり生え揃っていて、株元と根の色は純白。

言葉だと分かりづらいですが、要するに、以下のような苗ならほぼ間違いなく良い玉ねぎを収穫することができます!
(上の写真の一部を拡大したもの)

O・P黄

園芸店で苗を購入して苗から栽培する場合も、出来るだけ理想に近い苗を選んで購入しましょう。
購入する場合は以下の記事も参考にしてみてください。

優良苗の買い方

栽培メモ:O・P黄(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650