発芽!(トマト1作目9, 11日目)

こんにちは。
今日は前回のブロッコリーに続いて、中玉トマトのポット育苗の様子をアップします。

基本的な室内ポット育苗のやり方はブロッコリーと同じなので、詳細はこちらをご覧ください。

トマトはブロッコリーと違って発芽温度が高い(20~30℃程度)のがやっかいなところです。
市販の育苗用保温器を使うのがもっとも確実ですが、非常に高価でちょっと家庭菜園で楽しむだけの方にはお勧めできません。

他の方のブログを見ると、電子ポットの上において発芽を促進する方法をとっている方が多数いらっしゃいますが、私は何もせず、室内で置いておくだけの方法で発芽しないのかどうかを試してみました。

結果、時間はかかりましたが、なんとか9日目で発芽させることに成功!

トマト1作目9日目

室内(日中20℃、夜間14℃程度)で放置しておくだけでも意外と自然に発芽することが分かりました。

バーミキュライトで表面をしっかり保湿していることが良かったのかもしれませんし、品種特性にも関連しているのかもしれませんが、とにかく手間をかけたくない方や、大量に育苗する方にはお手軽でお勧めの方法です。

4点蒔きでこの翌日にもう一本発芽したのですが、発芽後3本にしたかったので、発芽直後に間引き、現在3本の状態です。葉も開き、かなりしっかりしてきました。

トマトは1株だけ育てる計画なので、最終的には残った3本のうち、最も生育の良い1本を残して定植の予定です。

トマト1作目11日目

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフスクエアープランター300