ベランダ畑

総合評価 ★★★☆☆
プランター菜園をおしゃれに楽しみたい人必見!

書名:ベランダ畑 庭がなくても野菜が作れる!
著者:藤田智/監修
出版:家の光協会
出版年:2005年2月
ページ数:111 (カラー)
大きさ:26cm
ISBN:4-259-56107-3

レビュー

『畑は無い、でも、家庭菜園に挑戦したい!』という方に向けた本。

本書のタイトルからも想像できるとおり、ベランダにプランターなどのコンテナを並べて、野菜を作る方法を丁寧に解説しています。

印刷はフルカラーで、紙質も高いため、写真が非常に鮮明で分かりやすい上、ぱらぱらとページをめくるだけでも楽しめる構成になっているのが特徴です。

第一回目の本のレビューで紹介した藤田先生の本(はじめての野菜づくり)と比べると、ページ数が少なく、細かい部分にはあまり触れられていないため、これ一冊でノウハウを全て学ぶことはできませんが、ハンギングバスケットやウッドコンテナ、ウッドデッキ、トレリスなど、外観の美しさを高める工夫も掲載されており、単に野菜が作れればよいということではなく、コンテナ栽培を『おしゃれに楽しみたい』という方にとってお勧めの一冊です。

解説されている品種は40種類とやや少なめですが、トレビス、スイスチャード、スティックセニョール、プチヴェール、コールラビ、テーブルビートなど、『おしゃれ系野菜』が多く掲載されています。

最初の9ページで水やりの方法などプランター栽培における野菜作りのポイントを解説し、その後は各野菜ごとの詳細な作り方が解説されているのですが、写真が多く、大きいこともあり、実質的な文字数はかなり少なめで、読んで覚えるというより、見てわかる&楽しめるような編集がなされています。

基本技術の解説がちょっと少なすぎると感じたので、総合評価は3とさせていただきましたが、あまり長い文章を読みたくないという方や、読みやすさを重視される方には逆に高評価かもしれません。

実際、Amazonのランキングでも家庭菜園分野では常に上位でかなり売れているようですので、あまり難しいことは考えず、とにかく家庭菜園を楽しみたいという方にお勧めしたい本です。


ベランダ畑