Yu-Rin流!スイスチャードの育て方

科名

ヒユ科(旧分類:アカザ科)

栽培難易度

★☆☆☆☆(特別な管理は必要なく易しい)

播種適期

品種にもよりますが、スイスチャードは周年栽培が可能です。つまり年中、いつでも栽培が可能です!
(スイスチャードがフダンナ(不断菜)とも呼ばれる理由です)

ただし、厳寒期や真夏は、(冷害や害虫等で)やや難易度が増すため、プランター菜園の経験が浅い方は、4月~7月、9月~11月の中間期がお勧めです。

お勧めの品種

タキイ種苗の「ブライトライト」がプランター菜園にはお勧めです。

(主な特徴)
・耐暑、耐寒性があり、周年栽培が可能
・葉は緑色で、葉柄と葉脈が黄、赤、白色などに着色するためカラフルな彩りが楽しめる
・アクが少なく、食味が良い

プランター選びと播種法

スイスチャードは栽培期間が短いため、どんなプランターでも良く育ちます。
レリーフプランター650なら2条、ベジタブルプランター浅型600なら3条まきがお勧め。
播種間隔は5cm前後が目安です。

タネは”種球”と呼ばれる複数の種が1つに合着した形態で、何かの化石のようなかなり独特な形状をしています。

ブライトライト

レリーフプランター650、2条まき、発芽直後の姿。
スイスチャードは1つのタネ(種球)から3~5本くらいの芽が出てきます。
そのため、通常葉菜は0.5cm~1cm間隔を目安に播種を行いますが、スイスチャードの場合ははじめから最終株間(10cm)を意識して5cm間隔で播種を行うのがポイントです

ブライトライト

種が隠れる程度に土をかぶせ、毎日水遣りを行えば1週間ほどで発芽します。

発芽後の管理

スイスチャードで必要とされる発芽後の管理は、水遣りと間引きです。元肥が十分に施されているという前提で、追肥は基本的に必要ありません(冬季栽培の場合は栽培期間が長期に及ぶので追肥は必須)。

水遣りのポイント

土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。
頻繁に水を与えすぎると根腐れによる生育不良の原因になります(特に冬季は注意)。

間引きのポイント

スイスチャードはもっとも間引きのセンスが問われる野菜の一つですが、以下の2つのポイントをおさえれば難しいことはありません

まず1つ目は、色のバランスを考えて間引きすること。
厳密に考える必要は無いのですが、色が極端に偏ってしまうと、せっかくの美しいカラフルな葉柄が台無しになってしまいます。

そして第2のポイント。
それはスイスチャードの種の性質上、どうしても密集状態からの間引きになるので、そのまま普通に引き抜かず、小さなハサミでチョキッと切って間引いてあげることです。

他の野菜のように根ごと引き抜くと、残したい芽の根を痛めてしまう可能性が非常に高いので注意しましょう。

間引き直後の姿(写真中央よりちょっと左の赤いのが切った跡)

スイスチャード

間引きは双葉のときに1回(各種子由来の芽から1株を厳選=株間5cm)、さらに本葉が4~5枚になったときに間引き収穫をかねてもう1回=計2回に分けて行うのが基本です。

コマツナなどと違って、立性が悪く、横方向に大きく葉を広げるため、プランター菜園における最終株間は10cmが目安です。

追肥のポイント

暖かい時期なら1.5ヶ月程度で収穫することが出来るので原則追肥は不要です。
元肥入りの培養土なら肥料は不要。
元肥が入っていない培養土や古土なら間引きついでに元肥を1回施し、以降追肥は不要です。

葉の色合いを見て明らかに栄養不足と考えられる場合(葉色が薄い、黄色っぽい)は、即効性の固形肥料を追肥するか、液肥で対応します。
*水のあげすぎや日照不足による生育不良を肥料不足と見誤って追肥してしまうと逆効果!←特に注意したいところです。

冬季の栽培では収穫まで2ヶ月以上かかるため、3週間ごとを目安に、定期的に追肥して成長を促します。

生育の様子

本葉3枚前後に成長した姿(株間5cm)。
とてもカラフルなので、観賞用としても十分に楽しめます

ブライトライト

さらに本葉が増えて葉が重なり合うようになったら、収穫をかねて1株おきに間引き、株間10cmとします。
間引き前の姿。

ブライトライト

最終間引き後。

ブライトライト

立性が悪いので、株間を10cmとってもすぐに葉が込み合ってきます。

ブライトライト

葉表面に品種特有のちぢれが出始めたら収穫適期!
地際からカットして収穫しましょう!

ブライトライト

収穫したスイスチャードは赤、白、黄の3色。
混ぜずに分けてお浸しにすると、素材本来の食味と彩りが楽しめます

ブライトライト

スイスチャードはスーパーなどではあまり見かけることが無いため、食べたことがない方も多いと思いますが、味や食感はホウレンソウに近く、外観的にも彩り豊かなので、家庭菜園にはお勧めの野菜です。
ちなみに色による味の違いは全く無いです

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~虫害に注意!

スイスチャードはアカザ科なのでアブラナ科野菜ほどではありませんが、アブラムシなどの害虫に好まれます。
播種直後から収穫直前まで、防虫ネットを使用して、害虫の侵入を防ぐことが無農薬でも虫食いの無いきれいなスイスチャードを収穫するポイントです!
また、防虫ネットの使用有無を問わず、毎朝、葉裏をチェックして害虫を見つけ次第捕殺します。

⇒防虫ネットについてはこちらの記事を参照してください。

~その2~早取りを心がけよう!

大株にすると、見た目は立派ですが、硬くなり、アクも強くなって食味が落ちます。スーパーで売られているコマツナやホウレンソウのサイズを目安に、それと同じか、やや小さいサイズで収穫すると、本来の柔らかで風味豊かな食味が楽しめます。

~その3~冬季はビニールトンネルで生育促進!

真冬に栽培する場合はビニールトンネル保温が必要です。詳しくは『道具選びのポイント>保温用ビニール』のコーナーをご参照ください。

栽培メモ:ブライトライト(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650