Yu-Rin流!チヂミナの育て方

科名

アブラナ科

栽培難易度

★☆☆☆☆(小松菜同様に易しい、初めての家庭菜園にもお勧め!)

播種適期

品種にもよりますが、チヂミナは周年栽培が可能です。つまり年中、いつでも栽培が可能です!
ただし、厳寒期や真夏は、(冷害や害虫等で)やや難易度が増すため、プランター菜園の経験が浅い方は、4月~7月、9月~11月の中間期がお勧めです。

お勧めの品種

タキイ種苗の「みそめ」がプランター菜園にはお勧めです。

(主な特徴)
・耐暑性、耐寒性に優れ、周年栽培が可能←家庭菜園的に重要
・立性が良いため、株間を狭くとれる(それだけ収量が上がる)←プランター菜園的に重要
・葉は濃緑色、チリメン状で肉厚

プランター選びと播種法

チヂミナは栽培期間が短いため、どんなプランターでも良く育ちます。
レリーフプランター650なら2条、ベジタブルプランター浅型600なら3条まきがお勧め。
播種間隔は0.5~1cmが一応の目安です。

レリーフプランター650、2条まき、発芽直後の姿。

みそめ

種が隠れる程度に土をかぶせ、毎日水遣りを行えば3日ほどで発芽します。
発芽率は非常に高く、蒔いた種の数だけ発芽してくれます

みそめ

発芽後の管理

チヂミナで必要とされる発芽後の管理は、水遣りと間引きです。元肥が十分に施されているという前提で、追肥は基本的に必要ありません。

水遣りのポイント

土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。
頻繁に水を与えすぎると根腐れによる生育不良の原因になります(特に冬季は注意)。

間引きのポイント

間引きは本葉が1~3枚の間に2回に分けて行うのが基本です。
状態の良いものを残して、虫害を受けたもの、成育の悪いものを選んで間引きますが、適期だとほとんど差が出ず、どれも良く育つ場合が多いので、現実的には株間を意識して、『場所を基準に』間引くことが多いです。

本葉が出始めた頃、1回目の間引きを行う(間引き適期)

みそめ

1回目の間引き前後(手前の列は間引き後、奥の列は間引き前)。
1回目の間引きで株間を1cm程度に広げる。

みそめ

このくらいに成長したら、さらに間引きを行い、最終株間(=3~4cm)に調整します。
(最終間引き後の状態)

みそめ

追肥のポイント

栽培期間が短いので原則追肥は不要です。
元肥入りの培養土なら肥料は不要。
元肥が入っていない培養土や古土なら間引きついでに元肥を1回施し、以降追肥は不要です。

葉の色合いを見て明らかに栄養不足と考えられる場合(葉色が薄い、黄色っぽい)は、即効性の固形肥料を追肥するか、液肥で対応します。
*水のあげすぎや日照不足による生育不良を肥料不足と見誤って追肥してしまうと逆効果!←特に注意したいところです。

生育の様子

最終間引きを終えて、順調にすくすく成長しているチヂミナ。

みそめ

しばらくすると葉面に品種特有の縮みが発生します。

みそめ

さらに数日すると葉が詰まって、隙間無く、もこもこしてきますが、これ以上の間引きは行わず栽培を継続します。

みそめ

さらに数日後、こんなにぎっしりと詰まって収穫適期を迎えます。
プランター1つでかなりたくさん収穫することが出来ます

みそめ

収穫したチヂミナはお浸しにしていただくと素材本来の味が楽しめますよ!

みそめ

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~虫害に注意!

チヂミナはアブラナ科なので、害虫に非常に好まれます。
特に暖かい時期は、播種直後から収穫直前まで防虫ネットを使用して、害虫の侵入を防ぐことが無農薬でも虫食いの無いきれいなチヂミナを収穫するポイントです!
また、防虫ネットの使用有無を問わず、毎朝、葉裏をチェックして、アブラムシやコナガなどの害虫は見つけ次第捕殺します。
⇒防虫ネットについてはこちらの記事を参照してください。

~その2~早取りを心がけよう!

大株にすると、見た目は立派ですが、硬くなって味のクセも強くなり食味が落ちます。スーパーで売られている漬け菜類のサイズを目安に、それと同じか、出来ればやや小さいサイズで収穫すると、本来の柔らかで風味豊かな食味が楽しめます。

~その3~冬季はビニールトンネルで生育促進!

真冬に栽培する場合はビニールトンネル保温が必要です。詳しくは『道具選びのポイント>保温用ビニール』のコーナーを参照してください。

栽培メモ:みそめ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650