Yu-Rin流!チンゲンサイの育て方

科名

アブラナ科

栽培難易度

★☆☆☆☆(短期間で栽培することが出来、特別な管理も必要ない)

播種適期

品種にもよりますが、チンゲンサイは周年栽培が可能です(厳寒期を除く)。
ただし、真夏は害虫が多く、やや難易度が増すため、プランター菜園の経験が浅い方は、4月~7月、9月~10月の中間期がお勧めです。

お勧めの品種

チンゲンサイは市販されている品種が少なく、大きく分けて緑色種、白色種(パクチョイ)があります。
この記事ではタキイ種苗の「チンゲンサイ(固定種)」という品種を使用していますが、他の品種でも同様に栽培可能です。

(主な特徴)
・葉は濃緑色、丸型。葉柄は淡緑色、幅広、肉厚
・周年栽培が可能
・耐暑性がある
・生育が旺盛で育てやすい

プランター選びと播種法

チンゲンサイは栽培期間が短いため、どんなプランターでも良く育ちます。

播種は0.5cm~1cm間隔で条蒔きし(レリーフプランター650なら2条、ベジタブルプランター浅型600なら3条)、成長に合わせて数回に分けて間引いて最終株間まで広げても良いのですが、この記事では株間12cmの千鳥蒔きで栽培を行っています。

リーフプランター650、千鳥蒔き(2条、一箇所4粒)、発芽直後の姿。

*千鳥蒔きについては「種まきのコツ」で詳しく解説しています。

チンゲンサイ発芽

種が隠れる程度に土をかぶせ、毎日水遣りを行えば1週間ほどで発芽します。
*F1種ではない固定種のため、発芽の揃いはやや悪いです

発芽後の管理

チンゲンサイで必要とされる発芽後の管理は、水遣りと間引きです。元肥が十分に施されているという前提で、追肥は基本的に必要ありません。

水遣りのポイント

土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。
頻繁に水を与えすぎると根腐れによる生育不良の原因になります(特に冬季は注意)。

間引きのポイント

間引きは本葉が1~4枚の間に数回に分けて行うのが基本です。
状態の良いものを残して、虫害を受けたもの、成育の悪いものを選んで間引きます。

最終間引き後。葉の重なり具合を見ながら、この位のサイズまでには各点1本立ちに。

チンゲンサイ2

追肥のポイント

栽培期間が短いので原則追肥は不要です。
元肥入りの培養土なら肥料は不要。
元肥が入っていない培養土や古土なら間引きついでに元肥を1回施し、以降追肥は不要です。

葉の色合いを見て明らかに栄養不足と考えられる場合(葉色が薄い、黄色っぽい)は、即効性の固形肥料を追肥するか、液肥で対応します。
*水のあげすぎや日照不足による生育不良を肥料不足と見誤って追肥してしまうと逆効果!

生育の様子

成長は非常に早く、最終間引きを行って株間を広げてあげると、あっという間にこんなに大きくなります。

チンゲンサイ3

チンゲンサイはある程度大株に育てても葉柄(いわゆる”茎”の部分)が硬くなりにくく、みずみずしく柔らかいので、これくらいが収穫の適期

チンゲンサイ4

今回使用した種は固定種なので、F1種と比べると明らかに生育の揃いが悪いです。
下の写真のように一斉収穫してしまわずに、上の写真のように大きくなった株から1株ずつ、その日使う分だけ収穫するのがお勧めです。

チンゲンサイ収穫

知っておきたい!栽培のポイント

~その1~虫害に注意!

チンゲンサイはアブラナ科なので、害虫に非常に好まれます。
播種直後から収穫直前まで、防虫ネットを使用して、害虫の侵入を防ぐことが無農薬でも虫食いの無いきれいなチンゲンサイを収穫するポイントです!
また、防虫ネットの使用有無を問わず、毎朝、葉裏をチェックして、アブラムシやコナガなどの害虫は見つけ次第捕殺します。
⇒防虫ネットについてはこちらの記事を参照してください。

~その2~1株ずつ大きくなったものから順次収穫を!

固定種全般に言えることですが、発芽や生育の揃いが悪いので、全て一斉に収穫してしまわずに、大きくなったものから順番に収穫するようにしましょう。
一度に大量の野菜が採れても、その日に全て消費できるわけではないので、全ての株が同時に収穫適期を迎えるF1種よりも、生育の揃いが悪い固定種のほうが家庭菜園に向いているともいえます(あくまで考え方次第ですが・・・)。

~その3~冬季はトウ立ちに注意!

3月上旬蒔きも可能ですが、ビニールトンネル保温が必要です。詳しくは『道具選びのポイント>保温用ビニール』のコーナーをご覧ください。寒さでトウ立ちする性質があるので、冬季の栽培には特に注意が必要です。

栽培メモ:チンゲンサイ(固定種)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650