遂に収穫!(小松菜1作目35日目)+間引き(小松菜2作目-14日目)

こんにちは。
今日は休みを利用して、いい感じに大きく育った小松菜(1作目)をいよいよ収穫します!

ついでに2作目の間引きも行って間引き菜を収穫し、併せていただきます。

先に、2作目の間引きのほうから紹介します。14日間も間引きせずに放置すると、こんな感じになってしまいます。

間引き前(小松菜2作目-14日目)

これでは光が十分に株元まで届かず、生育不良をおこしかねないので、株間が3cm以上になるように間引きを行いました。間引き後にジョーロで水をかけたら嵐の後みたいにばたばた倒れてしまいましたが、そのうち日が差せばまた立ち上がるので気にしません。

間引き後(小松菜2作目-14日目)

間引き菜もベビーリーフとして(?)、美味しくいただきました。甘みが強くてそのままで十分美味しいです。

間引き菜(小松菜2作目-14日目)

さらにさらに、1作目の収穫を行いました。

これが収穫前の状態です。プランター幅が60cmで、この葉の大きさですから、どれくらい大株に育ったか分かると思います。これを一株一株、根元から引き抜いて全部収穫します!

収穫前(小松菜1作目35日目)

収穫してよく水洗いしてざるに移した状態です。ところどころ虫食いの穴がありますが、一時期心配していたほどの被害はなく、許容の範囲だったので安心しました。

収穫!(小松菜1作目35日目)

もともと子供の離乳食用に始めたプランター栽培なので、大半は子供の離乳食になりますが、量があまりにたくさんあるので自分もいただいちゃいます。

取り立てを味わうなら自分で火の通り具合を加減できるお鍋かな?ということで、今夜はお鍋に決定!取り立てを美味しくいただきました。

小松菜鍋

やっぱり自分で作った野菜は店で買った野菜とは比べ物にならないほどうまいです!!新鮮だから、無農薬だから、いや、自分が頑張って育てたから、そんないろいろな思いが手伝って、最高の夕食となりました。

自分で作って味わう、そんな昔の当たり前が現代の最高の贅沢なのだと思います。

栽培メモ:楽天(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用ベジタブルプランター浅型600