ジョーロ選びのポイント

このページではプランター菜園に最適なジョーロ選びのポイントについて解説します。

ジョーロはプランター菜園を行う上で必須のアイテムですが、それほど製品に大きな違いは無いように思えてしまうため、ついついデザインで選んでしまいがちです。

もちろん「このジョーロを使って水をあげたら野菜がもっと美味しくなるんです!」とかいうことはないのですが毎日使う物だけに十分吟味して、自分にあったものを選びましょう

ジョーロ本体の素材(プラスチック製がお勧め!)

ジョーロの素材には大きく分けて、ブリキや、トタン、ステンレスなどの金属系と、ポリエチレン、ポリプロピレンなどのプラスチック系の2種類があります。

金属系はちょっとレトロな感じでデザイン性の高さが魅力ですが、素材自体が非常に重く扱いづらいため、室内の小鉢への水遣りなどには向いているのですが、屋外で大量の水を使って育てるプランター菜園にはあまり向いていません。

(最初はおしゃれな感じで結構楽しいと思いますが、長期的には水遣りが苦痛になってしまいます)

中に入れる水だけでも結構な重量になりますので、できるだけ素材が軽く価格的にも安価な素材=プラスチック製がプランター菜園にはお勧めです

容量(体力にあったものを!)

何リットルの水が入るかを表す「容量」についてですが、これはどのくらいのサイズのプランターを、何個ぐらい使ってプランター菜園を行うかによって自然と決まってくるものではありますが、一応の目安として8~10リットル前後がお勧めです。

16リットルのプランターに土を入れて土の表面が少し乾きはじめた状態で水やりを行うと、大体4リットルくらい水を与えた段階で底から水が染み出してきます(厳密には、土の乾燥度合い、土の種類、プランター形状によって変わります)。

ということは、たとえば8リットルのジョーロを使うと1回の水汲みで2つのプランターへの水遣りが出来、プランターが8個なら4回の水汲みが必要ということになります。

力に自信があればもっと大きなサイズでも良いと思いますが、大きすぎてシンクにジョーロ本体がうまく収まらず、やむなく風呂場まで汲みに…ということになってしまっては本末転倒なので、そのあたりの住環境も考慮した上で選択しましょう。

ちなみに、8リットルのプラスチックジョーロに水を満タンに入れると8.5キロ程度になります。これでも夏場はかなり重労働なので、重すぎると感じる場合には小さな容量、もしくは、ホースリールの使用を検討しましょう。

ハス口、ハスの実(取り外し可能なものを!)

ジョーロには先端の部分(ハス口、ハスの実)が取り外せるタイプのものと、一体型のものがあります。

プランター菜園ではハス口が取り外せるものがお勧めです!

野菜が大きく育った後はどういう風に水をあげてもそれほど問題はないのですが、特に双葉が出たばかりのときなどはハス口を外して地表面ぎりぎりの高さからできるだけやさしくそっと水を与えないと、せっかくの苗が倒れて痛んでしまう場合があります。

防虫ネットで被覆したプランターならハス口を下に向けて、水の出口を防虫ネットに密着させ、そのまま防虫ネット越しに水を与えることが出来ますし、野菜の葉が密集したプランターでは上から水を与えても葉が水を弾いてしまってなかなか土が潤わないので、ハス口を横に向けてサイドから(低い位置から)株元に向けて水を与えると効率的です。

こうした細かな作業を行うために、ハス口が自由に取り外せ、向きも自由にできるものがお勧めです。

Yu-Rinお勧めのジョーロ

以上、ジョーロ選びのポイントをまとめましたが、後は皆さんのお好みで毎日の水遣りが楽しくなるような、そんなお気に入りのジョーロをホームセンターやネット通販で見つけてください

ちなみに私が愛用しているのは、昔から定番ジョーロとして親しまれているトンボジョーロです。

じょうろ

もともとトンボジョーロ8型を愛用していたのですが、壊れてしまったのを機に、現在はトンボじょうろ 10型を使っています。

私の経験では常時日のあたる場所に外置きで毎日使用するというハードユースでも3年程度は問題なく使うことが出来、耐久性についてはかなり良い印象があります(さすが日本製!)。

デザイン的にはかなり地味なのですが、容量の割りに値段も安く、シャワー部分(ハス口)だけでなくジョーロの枝部分を取り外すことも出来るため、日本の狭いシンクで水を汲む際にとても便利です。

また、ノズルに「こし網」がついているので、詰まりにくい設計になっています。

通販でも8型なら千円前後で購入できると思いますが、価格に対して送料が相対的に高めなので、お近くにホームセンターがある方はそちらでの購入がお勧めです(かなり人気の製品なので比較的入手しやすいと思います)。

関連コンテンツ≫ホースリール選びのポイント