保温資材選びのポイント

このページでは保温資材(ビニールフィルム)選びのポイントをご紹介します。

防虫ネット選びのポイントでも書きましたが、寒い時期には被覆資材を利用したトンネル栽培が一般に行われています。

被覆資材には寒冷紗、不織布、ビニール、防虫ネットなどの種類があり、寒冷紗、不織布でも一定の保温効果が期待できるのですが、より積極的に温度を上げるためにはビニールフィルムが不可欠です

ビニールフィルムのメリットデメリット

どんなビニールフィルムが良いのかを書く前に、メリットとデメリットについて触れておきます。ビニールフィルムのメリットは、冬場であってもそれなりにビニール内部の温度を上げることが出来、生育促進効果が高く、また貼り方次第では、一定の防虫効果も期待できることです。

しかしビニールフィルムには欠点があります

その性質上、どうしても通気性が極めて悪く(全くない)、水を通さず、日中は温度が上がりすぎて葉焼けを起こしてしまう危険があるのです

そのためビニールフィルムを避けて、あえて寒冷紗や不織布を冬季に使用される方も多くいるのですが、適切な厚さ、穴あきの有無、定期的な換気、水遣りなどの工夫によって冬でもみずみずしく美味しい野菜を育てることができるので、これまで避けてきた方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ビニールフィルムの素材

ビニールフィルム(ビニルフィルム)にもいろいろな素材があり、主に農ビ、農PO、農サクビなどが流通しています。

それぞれの素材の主な特徴は以下のとおりです。

農ビ
正式名称、農業用ポリ塩化ビニール。現在、もっとも広く使われている素材。他の素材に比べ保温性が高く、ビニールハウスの多くでこの素材が採用されています。構造中に塩素原子を含むため、使用後、焼却することによって環境汚染の原因となるため、最近ではリサイクルも積極的に進められているようです。

農PO
正式名称、農業用ポリオレフィン系特殊フィルム。農ビに代わる環境負荷の少ない素材として、近年急速にシェアを拡大しています。ポリエチレン(PE)とエチレン酢酸ビニル(EVA)の配合比率や厚さ、表面処理の工夫などにより、農ビに迫る保温性を有するもの、逆に温度が上昇しすぎないクールタイプのものなど、様々な特性を持つ製品が開発されています。詳細は開発元のサイトによくまとまっているので興味のある方は覗いてみると良いでしょう。

農サクビ
EVA樹脂(酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合樹脂)を原料とした光線透過率に優れたフィルムで、埃もつきにくい。他の素材より安価であるものの、保温性という面では、農ビや農POに劣ります。

ビニールフィルムの効果(実測データ)

農ビを例に、実際にYu-Rinのプランター菜園でビニールトンネル栽培を行った際の効果(温度変化)について実験してみたのでご紹介します。

結果は、以下のグラフのとおりです

プランタービニールトンネル効果

赤線はビニールトンネル内温度、青線は外気温。
(条件:農ビ 0.075mm厚、密閉、ポリプロピレン製プランター、晴れ一時曇り)
*12時頃、一時的に温度が下がっていますが、これは雲が出て、一時的に日陰になってしまったためです。

結果を要約すると以下のとおりです。

・日中の積算温度を大幅に上昇させ、野菜の生育が促進。

・直射日光があたらなければ、温度は上がらない(=夜間の防寒や雨の日は効果が期待できない)。

・プランター自体に断熱効果がないため、過剰な熱は適度に放熱され、日中でも葉焼けするほどの高温にはならない(冬季)。

・水分が揮発しないため、1週間程度水やりしなくても土が乾かず、葉は常にみずみずしい

*水不足にはなりませんが、土が酸素欠乏状態になってしまうため定期的に水をたっぷり与えて土中の空気を入れ替えたほうがよいです。

神奈川県の厳寒期に行った今回の調査では、日中、理想的な温度条件になった反面、夜間の保温には課題が残りました。

プランターがプラスチック製である以上、プランター側面からの放熱は避けられず、ビニールの厚さや枚数を調節しても夜間の冷え込みはどうしても避けられないので、必要な場合は発泡スチロール製の容器を用いるなどの工夫が必要になります。

ただその場合、日中の温度管理が煩雑になってしまうなどの欠点も出てきてしまうので、それがなかなか難しいところですが、日中、仕事で換気を行うことができない環境の方は、プラスチック製プランターを用いたビニールトンネル栽培が簡便に積算温度を稼ぐことができる点でお勧めです。

Yu-Rinお勧めの製品!

プランター菜園のような小規模栽培では、それほど単価をシビアに考える必要がないのと、少量であるために環境負荷の問題も少ないため、古くから使われ保温性能の高い「農ビ」がお勧めです。

農ビの用途はビニールハウスやトンネル栽培など幅広いため、厚さも0.05~0.1mmが多く流通していますが、厚くなればなるほど保温性が高くなるため、北のほうの地域の方は0.1mmを、暖地では高温被害を避けるため0.05mmを選ぶと良いでしょう。

私は現在、「モヤレスいただき」(0.075mm厚、185cm幅、UV透過、20メートル長、オカモト社)という製品を使用しています。国内で農ビを扱っているのはMKVドリーム、シーアイ化成、アキレス、オカモトで、これらのメーカーの製品であれば、品質的に安心です。

農業用ポリ塩化ビニール

農業用ビニールフィルム0.075mm厚、185cm幅

いきなりそんなに本格的には…というかたはとりあえず、以下のような既製品を試してみてはいかがでしょうか


農POフィルム 0.1 mm x 1.85 m x 5 m(既製品)


ダイオ 家庭菜園用ビニール 各種サイズ(既製品)

ビニールフィルムを購入したら、適切な大きさにカットした後、洗濯ばさみなどでプランターに設置すれば冬でもみずみずしい野菜を手軽に収穫することができます

プランターでのビニールトンネル栽培

上手に防寒対策を行って、寒い冬を乗り切りましょう