冬トマト収穫!

新年明けまして、おめでとうございます!
本年もどうぞ『Yu-Rinのプランター菜園ぶろぐ』を宜しくお願い致します。

さて、新年1本目の記事は、トマトの収穫です!!

真冬だというのに、この花房にも…
フルティカ

この花房にも…ほら!真っ赤な冬トマトが着果しました。
フルティカ

以前、暴風雨で大半が落果してしまったことをお伝えしましたが、生き残った少量のトマトが無事に、冬トマトとして収穫できました!
フルティカ、レッドファルダー

冬トマトのお味は…
酸味が全くなく、甘みや甘い芳香、うまみがすべて凝縮されていました!

真冬のトマトは着果してから色づくまでに相当長い期間を要しているので、アミノ酸や糖質が蓄積される期間が夏のトマトの比ではないからこそ引き出されてきた味なのでしょう。

さてさて、もう年も明けましたので、去年だったらそろそろトマトの育苗を始めようとしていたところですが、今年はウリ科を中心に栽培しようと思いますので、4月まではゆっくり出来そうです。

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフスクエアープランター300

暴風雨にトマト、涙…

こんにちは。

金曜日の暴風雨、みなさんは大丈夫でしたか???

ちょっとした台風以上の雨、風が予告なく猛烈な勢いでやってきたので、事前の対策を取ることができなかった人も多いのではないでしょうか?

私が住む神奈川県も、その例外ではありませんでした。
なな、なんと!
冬用のトマトが半分以上、落果…。

フルティカ

これは今年一番のショック

ちょうどいい感じに色づき始めて、実も夏と比べて全体的に大きく、枝分かれの無いシングル花房1つに18個もの実が付き(中玉のフルティカでは通常、夏栽培では1房10個が限界)、これこそ、冬トマトの醍醐味だぁ!!みたいな記事を書こうと思っていた矢先、残念…。

このまま室内で追熟させて、赤くなったら食べようと思っていますが…う~ん、悔しい。

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフスクエアープランター300

冬トマト

こんにちは。

今日は、中玉トマト「フルティカ」の様子をアップします。

秋トマトのつもりが、すっかり冬トマトになってしまいました。

フルティカ

実の着果や形は良好、ただ、これだけ寒いと、色がつくのにどうしても時間が掛かります。
下の写真の房は、青みが消えて、ちょっと黄色くなってきたので、真っ赤に熟すまで、もうすぐです!

フルティカ

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフスクエアープランター300

秋トマト

こんにちは。

すっかり、秋ですね~。
秋といえば、秋茄子ですが、『秋トマト』も忘れてはいけない野菜の一つです♪

時間をかけてじっくり熟す秋のトマトは、本来の旬である真夏のトマト以上にコクが深く、味わい深いといわれます。

うちでも、夏用トマトはすっかり終了しているのですが、今、秋トマトの栽培を楽しんでいます!

品種はこの夏、大玉~ミニ、色は赤、黄色と、5種類を栽培しましたが、その中でもっとも美味しかった中玉トマトの「フルティカ」1種類に絞り、秋用に3株栽培することにしました。

いまちょうど、第一花房が着果、第二花房に花が咲き、第三花房と第四花房の一部が展開したところです。

第一花房
フルティカ第1花房

第二花房
フルティカ第一花房

第三花房(奥にぼんやり見えるのが第四花房)
フルティカ第二花房

夏と違って、日照が少なく、温度も低いので生育もの~んびりですが、いまのところ元気に育ってくれています!

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフスクエアープランター300

トマトもそろそろ…

こんにちは。

最近、忙しくてちょっと更新頻度が少なめですが、無理しても仕方が無いので、今週もマイペースでまったりと更新しますのでどうぞお付き合いください。

今日は最近アップしていなかったトマトをアップします。

今年の1月に種をまき、室内育苗して育てたトマト(中玉、フルティカ)ですが、遂に引退を迎えました。

(根を引き抜いてしばらく放置したフルティカの残骸↓)
フルティカの残骸

とはいっても、その脇芽をとって挿し木して育てている第2世代フルティカ、さらにその脇芽から育てている第3世代のフルティカ株はまだ元気に育っているので、フルティカの収穫はまだまだ楽しめそうです♪

(第2世代フルティカの様子 ↓)
フルティカ

黄色いミニトマトのイエロースイートミニの様子もアップします。これもまだしばらくは収穫を楽しめそうです。

イエロースイートミニ

栽培メモ:フルティカ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型ベジタブルポット10号

ホーム桃太郎収穫(大玉トマト)

こんにちは。

大玉トマト(品種:ホーム桃太郎)の第2花房が収穫適期を迎えました!

第1花房は大きめの中玉トマト?という感じで、肥大がいまひとつだったのですが、第2花房は2つだけ残して摘果し、栄養を集中させてみました。

その結果…、まぁ、本当はもう少し大きくなってくれることを期待していたのですが、第一花房のときよりはずいぶん大きくなって直径6.5cm。

うちの標準的なサイズは中玉のフルティカが3.5cm、ミニのイエロースイートミニや千果が2.5cm程度なので、それと比べるとずいぶん大きくなってくれました。

ホーム桃太郎

第3花房、第4花房も青い実をつけているので、そちらも今後どうなるのか楽しみです。