夏野菜全て終了

こんにちは。

今日はメロン(品種:パンナ)の様子をアップします。

かなりつるが延びて、プランターの上だけでは納まらなくなってきてしまったので、すいかと同様によしずの上に這わせて栽培しています(子ヅル2本仕立て、7月下旬の様子)。

パンナ

雄花も子ヅルの各節で見られるようになりました(メロンの雄花↓)。
花粉も良く出ていていい感じです♪

パンナ

と、ここまでは特に問題なく、順調に成長して、次回は人工授粉の記事を書こうかなぁ~なんて油断していたら・・・

この記事を書いた後、一週間ほど雨が降り続き、(泥はね対策をしていなかったのが良くなかったのか)信じられないくらいあっという間に枯れてしまいました

というわけで、今年の夏野菜記事、これですべて終了です・・・

去年の夏はナス科野菜(トマト、なす、ピーマンなど)、今年の夏はウリ科野菜(キュウリ、かぼちゃ、スイカ、メロン)をプランター栽培する様子をお届けして、翌夏はまた新しいことに取り組む予定だったのですが、メロンについては翌夏の宿題としてまた頑張りたいと思います。

プランターで無農薬だって最高級のネット緑肉メロンは出来るんだ!ということをブログでアピールするつもりが、『やっぱり無理』という結果になってしまい、楽しみに見てくださっていた方には本当に申し訳ないです。。。(滝汗

翌夏はもう少し条件を最適化して、あまり例のない『完全無農薬+プランターでの緑肉ネットメロン栽培』をなんとか成功させたいと思いますので、どうぞ応援をよろしくお願いします!!

栽培メモ:パンナ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600

メロンの整枝(子ヅル2本仕立て)

こんにちは。

今日はメロン(品種:パンナ)の様子をアップします!

前回、親ヅルの先端をカットしていわゆる「摘心」をしたことをお伝えしましたが、それから一週間後、ぐんぐん脇芽が伸びてきました。

右上に伸びるツルの元のあたりに摘心した跡がありますが、そのすぐ下から勢いのよさそうな子ヅル+雌花のつぼみが出てきています。

パンナ

さらに、もう少し下を見ると、より大きく成長した子ヅルも!
この2本の子ヅルを大切に育てて、子ヅル2本仕立てとし、その他の節から出てくる子ヅルは全て取り除いて整枝します。

パンナ

プランター全体としては現在こんな感じ。
左側の株はこの時期としては理想的な姿ですが、右側の株はちょっと成長に勢いがなく心配ですね~・・・頑張れ~!

パンナ

*この記事は5月21日の様子です。

栽培メモ:パンナ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600

メロンの摘心(2本仕立て)

こんにちは。

今日はメロン(品種:パンナ)の様子をアップします!

メロンの整枝法には1本仕立てから4本仕立てまで、いろいろな方法が知られていますが、今回は本葉4~5枚ほどで摘心して、脇芽2本を伸ばす『2本仕立て』で栽培することにしました。

すでに株は摘心適期を迎えているので、成長点(親ヅルの先端)をハサミでチョキッとカットして、摘心を行いました。

パンナ

摘心後はこの通り。

パンナ

上から見るとこんな感じ。

パンナ

摘心すると親ヅルはそれ以上伸びなくなり、代わりに子ヅル(脇芽)の成長が活発になります。
今後、1週間ほど脇芽を成長させた後、成長の良い2本の脇芽を残して他は全て取り除き、子ヅル2本に仕立てていく予定です。

*この記事は5月中旬の様子です。

栽培メモ:パンナ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600

メロンの仮支柱立て

こんにちは。

今日はメロン(品種:パンナ)の様子をアップします!

前回更新後、最終間引きを行い、現在、プランター1つに2株のメロン苗を栽培中です。
キュウリと同様に、メロンにも割り箸の仮支柱を設置しました♪

パンナ

拡大するとこんな感じ。(仮支柱について詳しくは前回のキュウリの記事をご参照ください)

パンナ

現在、本葉は4~5枚。
こちらの苗は病虫害の兆しも全くなく、かなり良い状態です!

パンナ

もう一方の苗は、元気なのですが若干の虫食いが・・・。
暖かくなって虫も増えてきたので、毎日の管理観察が欠かせなくなってきました。
虫害は手遅れになる前に『見つけ次第捕殺』して防除するのが無農薬栽培の基本ですが、これが実際にはなかなか大変な作業で、ちょっと遅れると手遅れになってしまうため、気が抜けません。

パンナ

とりあえず軽微な虫食いはあるものの、全体としてはわりと順調にすくすく成長しているメロン。
これからの成長が楽しみです。

*この記事は5月上旬の様子です。

栽培メモ:パンナ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600

メロンパンナの本葉

こんにちは。

今日は種から育てているメロン(品種:パンナ)の様子をアップします!

以前、4粒の種を蒔いて、3粒だけ発芽=発芽率75%とお伝えしましたが・・・
今になってやっと最後の1株が発芽し、発芽率100%になりました!

パンナ

せっかくなので、マクロレンズで撮影した写真もアップします!
種が双葉をクリップのように挟みこんでいて、スイカの発芽直後の様子に良く似ていますね。

パンナ

残りの2株も元気に成長中!

パンナ

こちらは現時点ではほとんど優劣がなく、どちらを間引いても問題なさそうですが、もう少しだけ成長を見てから最終間引きを行う予定です。

メロンの本葉はかわいいハート型をしています↓。
幼苗の段階ではキュウリとそっくりでほとんど見分けがつきませんが、双葉の形状が微妙に違うことで区別することができます(キュウリのほうが双葉が細長い、この記事に掲載されている写真は全てメロンです)。

パンナ

キュウリ同様、4月末までビニールトンネル保温、5月から無被覆栽培に移行します。

*この記事は4月下旬の様子です。

栽培メモ:パンナ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600

メロンパンナの双葉

こんにちは。

今日はメロン(品種:パンナ)の様子をアップします!

前回のアップで、発芽の様子をお伝えしましたが、ようやく双葉がしっかりと展開しました!

パンナ

上の写真の3日後にはわずかに本葉も出始め、順調な生育をみせてくれています(双葉の間から少しだけ見えているのが本葉)。

パンナ

この写真はジョーロで水やりをした直後の様子ですが、水滴をたくわえた双葉はとてもきれいですね♪
現在、1つのプランターに対して2点、各点2株と1株(1粒は未発芽)=計3株で、それほど込み合ってはいないので、本葉が2~3枚くらいに成長するまではこのまま育てます。

*この記事は4月中旬時点のものです。

栽培メモ:パンナ(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用深型レリーフプランター600