今日は何の日?

こんにちは。

さて、今日(5月27日)は何の日かご存知ですか?

正解は・・・小松菜の日。

こ(5) ま  つ(2) な(7)。

日本の記念日は以下の団体が管理しているそうで、記述によれば、大阪府のしものファームが小松菜の消費拡大を目指し制定したのだとか。

日本記念日協会

小松菜は年中いつでも手軽に栽培できるので、この記念日を機に、小松菜の栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか?

Yu-Rin流!小松菜の育て方

ごせき晩生小松菜収穫!

こんにちは。

今日はごせき晩生(小松菜)の様子をアップします!

前回、半分収穫したことをお伝えしましたが、今回は残り全部収穫しちゃいました!

ごせき晩生

収穫したごせき晩生はこちら↓

ごせき晩生

楽天小松菜と比較すると収量性はやや劣ると思いますが、小さなプランターでも結構たくさん収穫することが出来ました。

機会があったら是非、『ごせき晩生』や『みやま小かぶ』のような食味重視の伝統野菜にもチャレンジしてみてください。
新たな発見があると思います!

栽培メモ:ごせき晩生(固定種)、ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650

ごせき晩生の食味・食感

こんにちは。

先日に引き続き、今日もごせき晩生の記事をアップします!

収穫したごせき晩生は、素材本来の味を『味わう』ため、ごくシンプルな調理で頂くことにしました。

一品目は…お浸し。
塩茹でした後、だし汁に、しょうゆ、みりんを加えて味付けしていますが、一番、素材力の出る調理法ということでこの品を選びました。
ごせき晩生

二品目は、コマツナ料理の定番=炒め物
普段はいろいろな具を入れたり、味付けをしたりしますが、今回はお肉と炒めて、塩こしょうだけの、ごくシンプルな味付けにしてみました。
ごせき晩生

この2品を食べた感想は…

うまい!!!

さすが、ごせき晩生!
科学的になぜごせき晩生が美味しいのか、研究されている理由が分かったような気がします。
冬のコマツナだから美味しくって当たり前といえば当たり前なのですが、これまで食べた小松菜の中で最も食味が良いように感じました。

在来種、固定種、伝統品種…などというと、一部の方は、『非常にクセが強くて、昔っぽい強い野菜特有のにおいがあったり、えぐみが強かったり…』という先入観を持っている方がいらっしゃるかもしれませんが、ごせき晩生に関しては、むしろその逆で、同時期に育てて同サイズで収穫したF1品種の楽天と比較しても、むしろえぐみ、苦味は少なく、特有の嫌なにおいなどもありません。
葉柄(いわゆる茎の部分)部分は柔らかな食感で、かつ、シャキシャキとした歯ごたえ。

小松菜が一番美味しくなるこの時期に、無被覆でしっかり寒さにあててじっくり育てた最高の品種=ごせき晩生は、まさに申し分のない、市場には決して流通しない家庭菜園だけの『絶品』でした。

皆さんも機会があったらぜひ挑戦してみてください!

栽培メモ:ごせき晩生(固定種)、ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650

ごせき晩生(小松菜)収穫!

こんにちは。

ついに、とても美味しいことで知られるごせき晩生(小松菜、固定種)を収穫しました!
小松菜はあまり大株にせずに、これくらいのサイズで収穫してあげるとやわらかくって、アクもなく、美味しいです。

ごせき晩生

今回は1株おきに半分を収穫しました。
残した株はもう少し大株に育て、食感や味の変化を楽しみたいと思います。

(収穫後の様子↓)
ごせき晩生

さてさて、究極の小松菜、ごせき晩生。肝心のそのお味は…?
明後日アップ予定です。

栽培メモ:ごせき晩生(固定種)、ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650

ごせき晩生

こんにちは。

今日は小松菜(ごせき晩生)の様子をアップします。

ごせき晩生はその名前の通り、成長の早い『早生種』ではなく、成長の遅い『晩生種』なので、ぐんぐん育ってますよ~!というほど早くは成長してくれませんが、着実にがっちりと成長してくれています。

ごせき晩生

ただ、F1品種の楽天と比べると、立ち性が悪く、まっすぐ上ではなく、むしろ横に広がって成長するので、株間を大きく空けてあげる必要があり、プランター栽培のように限られたスペースでは、なかなか効率的な栽培が難しい印象です。
(近日中に1株おきに、半分を収穫する予定)

葉色も楽天と比べるとかなり薄めで、それがやわらかな食感に繋がっているようです。

栽培メモ:ごせき晩生(固定種)、ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650

小松菜収穫!

こんにちは。

今日は小松菜の様子をアップします。

前回、8作目の小松菜(品種:楽天)が旺盛に育つ様子をアップしましたが…

楽天

今日はそれをまとめて全部収穫しちゃいました!

楽天

ギュッと株元を詰めて、ちょうどバケツに一杯分!
とてもうちだけでは食べきれないので、採れたてをおすそ分けして、みんなで美味しく頂きました

そして、味が自慢の伝統固定品種『ごせき晩生』のほうも順調に成長中!

ごせき晩生

ちょっと葉っぱが寒そうですが、こちらも1月中旬ごろには収穫できそうです。

栽培メモ:楽天(タキイ種苗)ゴールデン粒状培養土野菜用ベジタブルプランター浅型600
栽培メモ:ごせき晩生(固定種)、ゴールデン粒状培養土野菜用レリーフプランター650