ミニチンゲンサイの育て方

ミニチンゲンサイの育て方・栽培方法

このページでは家庭菜園の定番品種「シャオパオ(サカタのタネ)」をプランターでタネから栽培する方法をご紹介します。

ミニチンゲンサイ栽培のポイント
  • 手のひらサイズなので、普通のチンゲンサイよりも育てやすく、調理もしやすい
  • 虫害を受けやすいので、タネまき直後から防虫ネットを使用すると安心
  • 収穫が遅れても筋っぽくならないので、使う分だけ順次収穫するのがおススメ!

基本情報

栽培難易度
名称・別名青梗菜(チンゲンサイ、チンゲン菜)、体菜(タイサイ)、しろ菜(パクチョイ)
科名アブラナ科
英名Qing Geng Cai, Green Pak Choi
原産地中国
タネまき適期3月下旬~9月下旬
タネのまき方条まき
発芽適温20~25 ℃
生育適温20 ℃
発芽日数3~5日
栽培期間25~40日
最適プランターレリーフプランター650

Step 1:必要資材の準備

ミニチンゲンサイをプランターで栽培するために、まずは必要となる資材や道具を揃えましょう。はじめての家庭菜園でどれを買ったら良いか分からない場合は、この記事で使用している以下の資材を購入の参考にしてください。

タネ

家庭菜園で人気のミニチンゲンサイ品種です。10~15 cmの、手のひらサイズで収穫することが出来るので、普通のチンゲンサイよりも栽培期間が短く、保存も、調理もしやすいのが特徴です。

プランター

栽培期間が短くそれほど多くの土量を必要としないので、容量16リットルのレリーフプランター650がおススメです。

培養土

緩効性肥料入りの粒状培養土で、保水性、通気性、保肥性のバランスに優れています。

ジョーロ

毎日の水やりに使用します。プランターの数が多くなってきたら、ホースリールの導入も検討してみてください。

防虫ネット

ミニチンゲンサイはアブラナ科なので、無被覆では虫害を受ける可能性が非常に高いです。特に、虫が多い環境・時期に栽培する場合は、タネまき直後から0.6 mm目合いの防虫ネットでプランター全体を覆っておくと安心です。

肥料は不要

栽培期間が短く、追肥の必要が無いので、ゴールデン粒状培養土野菜用のような元肥入り培養土を使用する場合は、肥料を準備する必要はありません。

Step 2:タネまき

手順1
鉢底石を入れる

良く洗ったプランターに鉢底石を底が見えなくなるくらいまで入れる。
*新品のゴールデン粒状培養土野菜用を使用する場合、この手順は不要です。

手順2
培養土を入れる

プランターに培養土を入れ、表面を平らにならす。
*プランターのふちギリギリまで入れずに、3 ㎝程度、余裕をもって入れましょう。

手順3
タネをまく

条まき。レリーフプランター650なら2条。
*5 mm間隔を目安としてタネをまきましょう。

条まき
手順4
タネに土をかける

タネが見えなくなる程度に土をかける

手順5
水やりをする

プランターの排水口から水が流れ出るまでたっぷりと水を与え、軽く手で押さえて土とタネを密着させる
*ホースリールを使用する場合は水勢を弱くし、土やタネが流れてしまわないよう注意。
*プランターは風通しの良い日なたに設置し、発芽するまでは毎朝1日1回の水やりを行いましょう。

Step 3:発芽・間引き

ミニチンゲンサイは発芽しやすいので、適期ならタネをまいてから3日ほどで、一斉に発芽します。

発芽直後のミニチンゲンサイ

双葉が完全に展開したら、初回の間引きを行って、風通しを良くしてあげましょう。

双葉が混み合ったミニチンゲンサイ

間引き方法:株間が十分に広い場合は、苗を指でつまんでまっすぐ上に引き抜くのが最も手軽ですが、ピンセットを使うと、混み合っている箇所でも正確に間引くことが出来ます。また、密集して発芽してしまった箇所は(根が絡まり、残したい株まで一緒に抜けてしまう恐れがあるので)ハサミで根元から切り取ると安全・確実に間引くことが出来ます。

間引き後は下の写真のような感じになります。風通しが良くなり、株元までしっかりと日が差し込むようになりました。

初回間引き後のミニチンゲンサイ

しばらくすると本葉が出てきます。

ミニチンゲンサイの本葉

本葉が増えてくると、また葉が重なり合ってしまうので、適宜間引きながら、密集しないように管理します。

ミニチンゲンサイ最終間引き適期

ミニチンゲンサイの最終株間は5 ㎝前後にするのが一般的ですが、株間が広いほど虫害を受けづらいので、無農薬でも虫食いの無いきれいなミニチンゲンサイを育てたい場合は、下の写真のように株間を8 ㎝程度にすると良いでしょう(下の写真は、最終間引き後の様子)。

最終間引き後のミニチンゲンサイ

Step 4:育成・収穫

最終間引きを終えたら、毎日の水やりを欠かさずに、管理・育成します。

育成中のミニチンゲンサイ

徐々に、葉の付け根の部分が肥大して、ミニチンゲンサイらしい形になってきます。

育成中のミニチンゲンサイ

草丈が10 cm~15 cmとなり、株がこれくらいずんぐりしてきたら、いよいよ、収穫適期です!

収穫適期のミニチンゲンサイ

ミニチンゲンサイの収穫方法:引き抜かずに、株元(根元)をハサミで切り取る方法がお勧めです。こうすると葉が土で汚れず、軽く水で洗ってすぐに調理することが出来ます。また、間引きを兼ねて収穫する場合も周囲の株の根を傷めないよう、引き抜かずに根元からハサミでカットして収穫するようにしましょう。

収穫したミニチンゲンサイ

タネまき後、夏まきなら25日、秋まきでも40日程度で手軽に収穫することが出来るので、家庭菜園未経験の方も、是非チャレンジしてみてください!

栽培のポイント・注意点

ミニがおススメ!

普通のチンゲンサイだとレリーフプランター650の場合、6株程度しか育てることが出来ませんが、ミニチンゲンサイであれば、今回のようにかなりゆったりした株間でも14株、株間5 cm, 2条なら24株ほど育てることが出来るので、結果として普通のチンゲンサイよりもかなり多収となります。

タネまきから、収穫までの栽培期間も普通のチンゲンサイと比べるとかなり短く、いつでも手軽に栽培することが出来るので、家庭菜園初心者にはミニチンゲンサイがおすすめです。

虫害に注意

ミニチンゲンサイはアブラナ科なので、虫害を受けやすく、時期や環境によっては、防虫ネットを使用していても、虫害が発生してしまうことが少なからずあります。毎日葉裏をチェックして、害虫を見つけ次第、捕殺するようにしましょう。

真夏は避ける

チンゲンサイの理想的な生育温度は、人が少し肌寒いと感じる20 ℃前後です。最高気温が30 ℃を超えるような時期は、生育不良となりやすい上、害虫も多く、熟練者でも栽培管理がかなり難しいので、まだ少し肌寒さが残る3月下旬や、残暑が落ち着いた9月下旬頃のタネまきがおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認制です。管理者による確認後、コメント欄に反映されます。