水菜の育て方

ミズナの栽培方法

水菜は種まきから1カ月半ほどで収穫することが出来、特別な栽培技術も必要無いので、家庭菜園未経験の初心者でも簡単に育てることが出来ます。

このページでは生育旺盛で育てやすい水菜の代表品種「京みぞれ」をプランターで種から栽培する方法をご紹介します。

基本データ
栽培難易度 
名称・別名水菜(ミズナ)、まくり菜(マクリナ)、京菜(キョウナ)、千筋京菜(センスジキョウナ)、糸菜(イトナ)、柊菜(ヒイラギナ)、千筋菜(センスジナ)、千本菜(センボンナ)、壬生菜(ミブナ)
科名アブラナ科
英名Mizuna, Potherb mustard
原産地日本(京都)
播種適期3月初旬~10月中旬
種のまき方条まき
発芽適温20~25℃
生育適温20℃前後
発芽日数3~5日
最適プランターレリーフプランター650

Step 1:必要資材の準備

水菜をプランターで栽培するために、まずは必要となる資材や道具を揃えましょう。

はじめての家庭菜園でどれを買ったら良いか分からない場合は、この記事で使用している以下の資材一式を購入し、記載の手順通りに育てれば初心者でも失敗無く収穫することが出来ます。

タネ

生育旺盛で育てやすく、立性が良いので狭いスペースでも栽培しやすい家庭菜園の人気品種です。葉軸は純白で、アクはほとんど無く、食味が良いのが特徴です。

プランター

水菜はそれほど多くの土量を必要としないので、レリーフプランター(2列、条まき)がおススメです。

培養土

緩効性肥料入りの粒状培養土で、保水性、通気性、保肥性のバランスに優れています。

ジョーロ

毎日の水やりに使用します。プランターの数が多くなってきたら、ホースリールの導入も検討してみてください。

ホースリール選びのポイント ホースリール選びのポイント

防虫ネット

水菜はアブラナ科なので、害虫に非常に好まれます。特に、虫が多い環境、時期に栽培する場合は、種まき直後から防虫ネットでプランター全体を覆っておくと安心です。。

MEMO

栽培期間が短いので、ゴールデン粒状培養土野菜用のような元肥入り培養土を使用する場合、肥料(追肥)は不要です。

Step 2:種まき

手順1
鉢底石を入れる

良く洗ったプランターに鉢底石を底が見えなくなるくらいまで入れる。
*新品のゴールデン粒状培養土野菜用を使用する場合、この手順は不要です。

手順2
培養土を入れる

プランターに培養土を入れ、表面を平らにならす。
*プランターのふちギリギリまで入れずに、3 ㎝程度、余裕をもって入れましょう。
*タネをまくための「蒔き溝、蒔き穴」を作る必要はありません。

手順3
タネをまく

条まき。レリーフプランターなら2条。
5 mm間隔を目安としてまっすぐ一列になるように種を蒔きましょう。

条まき

手順4
タネに土をかぶせる

培養土をタネが完全に見えなくなるまで追加する(すでにプランターに入っている培養土を「寄せる」のではなく、新たにタネの上に培養土を追加)。
*このようにするとタネをまいた部分だけが少し高くなって株元の排水性が向上し、根腐れを予防することができます。

手順5
水やりをする

プランターの排水口から水が流れ出るまでたっぷりと水を与える。
*ホースリールを使用する場合は水勢を弱くし、土やタネが流れてしまわないよう注意。プランターは風通しの良い日なたに設置し、発芽するまでは毎朝1日1回の水やりを行いましょう。

Step 3:発芽・間引き

適期なら播種後3~5日程度で一斉に発芽します。双葉が完全に展開し本葉が出始めたタイミングで、1度目の間引きを行いましょう(下の写真は間引き後の様子)。

ミズナ発芽

間引きの方法:株間が十分に広い場合は、苗を指でつまんでまっすぐ上に引き抜くのが最も手軽ですが、ピンセットを使うと、混み合っている箇所でも正確に間引くことが出来ます。また、密集して発芽してしまった箇所は(根が絡まり、残したい株まで一緒に抜けてしまう恐れがあるため)ハサミで根元から切り取ると安全・確実に間引くことが出来ます。

間引きの基本 野菜の間引きのコツ:2つの方法と3つのポイント

本葉が2~3枚になったらもう一度間引きを行って、下の写真のように株間を4 ㎝とします。

ミズナ間引き後

株間を広げることで、葉数も徐々に増えてきます。

ミズナ本葉3枚

Step 4:育成・収穫

株間を4 ㎝として、そのまましばらく育成します。

生育中のミズナ

ある程度、葉が混んできたら、1株おきに「まくり菜」として収穫し、株間を8 ㎝に広げましょう。下の写真は収穫した「まくり菜」(=小株の水菜)。

収穫したまくり菜

株間を広げると再びぐんぐん成長し、ぎっしりと葉が詰まった状態になります。

ミズナ収穫適期

上の写真くらいのサイズになったら水菜として収穫しましょう。一度に食べ切るのは家庭では難しいので、まずは1株おきに収穫し、後日残りを収穫するのがお勧めです。プランター半分でもこんなにたくさんの水菜を収穫することが出来ます。

ミズナ収穫

水菜の収穫方法ですが、株元(根元)をハサミで切り取る方法がお勧めです。こうすると葉が土で汚れず、軽く水で洗ってすぐに調理をすることが出来ます。また、間引きを兼ねてまくり菜として収穫する場合も周囲の株の根を傷めないよう、引き抜かずに根元からハサミでカットして収穫しましょう。

収穫したミズナは、どのように調理しても美味しくいただけますが、まずは生で、素材本来の風味を楽しんでみては如何でしょうか?家庭菜園でしか味わうことの出来ない採れたての新鮮な風味は格別です。

ミズナのサラダ

水菜のトウ立ち
栽培期間中、急に気温が下がったり、収穫適期を超えて大株に育て過ぎるとトウ立ちします(トウ立ち=抽苔(ちゅうだい)=花芽が伸びて、葉が固くなり、食用に適さなくなること)。

少量の水菜をあえてプランターに残し、普段なかなか見ることの出来ない水菜の菜の花を楽しむことが出来るのも家庭菜園の楽しみの一つです。

ミズナの花(トウ立ち)

栽培のポイント・注意点

虫害に注意

ミズナはアブラナ科なので、害虫に非常に好まれます。害虫の多い時期・地域で栽培する場合は、種まき直後から収穫直前まで防虫ネットを使用し、害虫の侵入を防ぐと良いでしょう。また、防虫ネットの使用有無を問わず、毎朝葉裏をチェックし、アブラムシやコナガなどの害虫がいたら見つけ次第駆除するようにしましょう。

食べ切れる分だけを収穫

水菜はその名前の通り水分量が多いこともあり、収穫直後からどんどん品質が低下し、食味が落ちてしまいます。コマツナなどとは違って、ある程度大株に育てても食味が落ちることは無いので、食べきれる分だけを日々収穫するようにしましょう。

水菜の豆知識

ミズナとミブナの違いは?

葉の切れ込みの有無が違います。

ミズナはこの記事の写真にあるように、葉に深い切れ込みがあるのが特徴で、日本全国、広く流通しています。

一方、壬生菜(ミブナ)はミズナの一種ですが葉は切れ込みの無い丸葉で、「京の伝統野菜」にも指定されている京野菜です。

ミブナを京都以外で味わうことはなかなか出来ないですがミブナの種であれば比較的入手しやすいので、興味があれば是非家庭菜園で育ててみてください(栽培方法はミズナと全く同じです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認制です。管理者による確認後、コメント欄に反映されます。