パプリカの育て方

パプリカの育て方・栽培方法

非常に鮮やかな色合いが特徴で、食用色素としても用いられるパプリカは、虫害にさえ注意すれば、プランターでも1株から10果以上、収穫することが出来ます。

このページでは病気に強く、極早生で栽培しやすい家庭菜園の人気品種「フルーピーイエロー」をプランターで種から栽培する方法をご紹介します。

基本データ
栽培難易度 
名称・別名パプリカ、ベルペッパー、カラーピーマン
科名ナス科
英名Paprika, Bell pepper
原産地中南米、ハンガリー
播種適期4月中旬~5月上旬
種のまき方点まき
発芽適温25~30℃
生育適温25~30℃
発芽日数6~8日
最適プランターエアープランター600

Step 1:必要資材の準備

パプリカをプランターで栽培するために、まずは必要となる資材や道具を揃えましょう。

はじめての家庭菜園でどれを買ったら良いか分からない場合は、この記事で使用している以下の資材一式を購入し、記載の手順通りに育てれば初心者でも失敗無く収穫することが出来ます。

タネ

病気に強く、生育旺盛で育てやすい家庭菜園の人気品種です。果色は鮮やかな黄色で、果肉は厚く、ビタミンCや、ルテインを豊富に含むのが特徴です。

プランター

パプリカは野菜の中でも特に多くの栄養を必要とするので、土がたくさん入る大きめのプランターがおススメです。エアプランター600のように、別売りの支柱ホルダーが取り付けられるものだと、簡単かつ確実に支柱を固定することが出来、とても便利です。

培養土

緩効性肥料入りの粒状培養土で、保水性、通気性、保肥性のバランスに優れています。

肥料

窒素、リン、カリがそれぞれ8%含まれる、最も一般的な化成肥料です。信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

支柱

長さ 120 cm前後、太さ11 mmのものがおススメです(セキスイ イボ竹 φ 11 mm x 120 cmなど)。

通販だと送料が高くなってしまうので、近くのホームセンターや、園芸店で購入すると良いでしょう。

*表面がツルツルのものより、凹凸(イボ)があるもののほうが、麻ひもの固定がしやすくおススメです。

ハサミ

整枝や、収穫に使用します。園芸専用のしっかりしたハサミを1つ用意しておくと、太い枝でも少ない力で安全にカットすることが出来、作業性が非常に良くなります。

ジョーロ

毎日の水やりに使用します。プランターの数が多くなってきたら、ホースリールの導入も検討してみてください。

ホースリール選びのポイント ホースリール選びのポイント

Step 2:種まき

手順1
鉢底石を入れる

良く洗ったプランターに鉢底石を底が見えなくなるくらいまで入れる。
*新品のゴールデン粒状培養土野菜用を使用する場合、この手順は不要です。

手順2
培養土を入れる

プランターに培養土を入れ、表面を平らにならす。
*プランターのふちギリギリまで入れずに、3 ㎝程度、余裕をもって入れましょう。
*タネをまくための「蒔き溝、蒔き穴」を作る必要はありません。

手順3
タネをまく

点まき。エアープランター600なら2点、各点4粒。

かぼちゃの種まき

手順4
タネに土をかぶせる

培養土をタネが完全に見えなくなるまで追加する(すでにプランターに入っている培養土を「寄せる」のではなく、新たにタネの上に培養土を追加)。
*このようにするとタネをまいた部分だけが少し高くなって株元の排水性が向上し、根腐れを予防することができます。

手順5
水やりをする

プランターの排水口から水が流れ出るまでたっぷりと水を与える。
*ホースリールを使用する場合は水勢を弱くし、土やタネが流れてしまわないよう注意。プランターは風通しの良い日なたに設置し、発芽するまでは毎朝1日1回の水やりを行いましょう。

Step 3:発芽・間引き

播種後、毎日水やりを行うと、1週間ほどで発芽します(パプリカの発芽適温は、25~30 ℃です。寒さが残る時期では発芽しにくいので、ゴールデンウィーク頃の種まきがお勧めです)。

発芽直後のパプリカ

双葉が完全に展開し、本葉が出始めたら、初回の間引きを行い、各点3株、プランター全体で6株とします。

パプリカの初回間引き

間引きの方法:株間が十分に広い場合は、苗を指でつまんでまっすぐ上に引き抜くのが最も手軽ですが、ピンセットを使うと、混み合っている箇所でも正確に間引くことが出来ます。また、密集して発芽してしまった箇所は(根が絡まり、残したい株まで一緒に抜けてしまう恐れがあるため)ハサミで根元から切り取ると安全・確実に間引くことが出来ます。

間引きの基本 野菜の間引きのコツ:2つの方法と3つのポイント

しばらくすると本葉が展開します。本葉が4枚程度になったら、更に1株を間引いて、各点2株としましょう。

パプリカの幼苗

下の写真くらいのサイズになったら、最終間引きを行い、各点1株、プランター全体で計2株とします。

最終間引き後のパプリカ

定期的な追肥が必要
パプリカは栽培期間が長期となるため、定期的な追肥が必要です。緩効性肥料なら1か月おき、一般的な化成肥料なら2週間おきを目安として追肥しましょう。追肥の際は株元を避け、プランターのふちに沿って蒔くようにすると根が肥料焼けして痛んでしまう心配がありません。

Step 4:支柱立て

草丈が大きくなると、風にあおられて茎が折れてしまうことがあるので、早めに支柱を設置し、麻ひもで主枝を誘引しておくようにしましょう。

エアープランター600と併せ、専用の支柱ホルダーを使用すると、以下のように簡単に支柱を固定することが出来、強風で支柱が倒れてしまう心配もありません。今回は太さ11 mm, 長さ1200 mmの支柱を使用しています。

パプリカを支柱へ誘引

麻ひもによる支柱への誘引の方法ですが、下の写真のように、パプリカの主枝側は少し余裕を持たせ、支柱側はしっかり結ぶようにすると、パプリカの茎を傷つけることなく、がっちり固定することができます。

パプリカを支柱に固定する方法

Step 5:整枝(仕立て)

しばらくすると1番花の花芽が付きます。この頃になると、各節(葉の付け根)から「わき芽」が伸びてくるので整枝を行いましょう。

パプリカの整枝の概要は以下のとおりです。パプリカは一番花のすぐ下の節、または、一番花と同じ節から、主枝と見分けがつかないほど勢いの良い側枝が出て、2股に分かれるので(=第一分枝)、第一分枝より下のわき芽をすべて摘み取り、第一分枝より上は放任する整枝法がお勧めです。

ピーマンの整枝方法

実際の様子は以下の通りです。主枝が大きく2つに枝分かれする青丸の部分が第一分枝です。栄養を集中させるため、第一分枝より下の節から出るわき芽はすべて手で摘み取りましょう。

パプリカ整枝前

整枝後は、下の写真のようになります。第一分枝より上は樹勢維持と、収量アップのため、わき芽を取らず放任とします。

パプリカ整枝後

Step 6:育成・収穫

整枝してしばらく育成すると、白いパプリカの花が咲き出します。

パプリカの花

パプリカは人工授粉を行わなくても、次々に自然着果して沢山の実をつけます(自家受粉性)。鮮やかな色が特徴のパプリカも、未熟なうちは緑色で、完熟すると色が変化して品種固有の色になります。

着果したばかりの緑色のパプリカ

実の色が鮮やかな黄色に変わったら、収穫適期です。

完熟したパプリカ(収穫適期)

1つずつ、ハサミでカットして収穫しましょう。

収穫したパプリカ

是非、採れたてならではの、フレッシュな味わいを楽しんでみてください!

栽培のポイント・注意点

パプリカをプランター栽培するためのポイント

パプリカの整枝方法と栽培の要点は以下の通りです。

ピーマンの整枝方法

  1. 一番花のすぐ下の節、または、一番花が付く節で、主枝と見分けがつかないほど勢いの良い側枝が伸びるので(=第一分枝)、第一分枝より下のわき芽をすべて摘み取り、第一分枝より上のわき芽(側枝)はそのまま放任する。
  2. 基本的には最初の花芽を含め、すべて着果させて収穫する(摘果は不要)。株全体の成長が悪い場合、一番果を摘果する。
  3. 人工授粉は不要。
  4. 摘心は不要。
  5. 強い光を好むので、直射日光の当たる日当たりの良い場所で栽培。
  6. 取り遅れると食味が悪くなるので、色が付いたら早めに収穫する。

連作障害に注意

ナス科野菜全般にいえることですが、パプリカも連作障害を受けやすい特性があります。パプリカを栽培する際は、新しい培養土、または、過去3~4年はナス科野菜の栽培に使用していない土を使用するようにしましょう。

連絡障害とは?

連作障害とは、同じ科の野菜を連続して栽培することで、その科に特有の病原菌が土壌中で大量増殖し、また、その科が特に必要とする栄養分が著しく不足することによって土の栄養バランスが崩れ、結果として、うまく野菜が育たない状態に陥ることをいいます。

尻腐れ果の発生を防ぐために十分な水やりを行う

真夏の高温乾燥期は、尻腐れ果などの生理障害発生を予防するため、朝晩、1日2回の水やりを欠かさず行うようにしましょう。

真夏の猛暑で、お昼になると完全に土が乾き、葉もしおれてしまうようであれば、朝、昼、晩、1日3回の水やりを行うと、尻腐れ果の発生を予防することが出来ます。ただし、真夏の日中は、ホースリール内の水が非常に高温になるので、ホースリールを使って水やりを行う場合はしばらく水を出し、冷たくなったことを確認してから、たっぷりと水やりを行うようにしてください。

尻腐れ果とは?

尻腐れとは、果頂部(パプリカの先端部分)が黒く変色し壊死してしまうこと。高温乾燥期の尻腐れ果の発生は、主に土壌中の水分が不足することによってカルシウム分を吸収できなくなり、カルシウム不足となることが原因。また、肥料の与えすぎによる窒素過剰が原因となることもあります。尻腐れ果は、大きくなる前に摘果して、取り除くようにしましょう。

パプリカ:尻腐れ果

パプリカの実が付かない主な原因

花は咲くのに、結実せず、花が落ちてしまうことがあります。パプリカの実がならない主な原因は、以下の通りです。

家庭菜園でパプリカの実が付かない主な原因

  • 日照不足
    光合成不足による栄養状態の悪化が原因。特に梅雨の時期に多いですが、梅雨が明ければ自然に実を付けるようになります。
    日当たりが悪い場所にプランターを設置している場合は、直射日光が良くあたる場所に移動させましょう。
  • 肥料不足
    実をつけるためには大量の栄養を消費します。大きめのプランターで栽培し、定期的な追肥も行うようにしましょう。
  • 窒素過剰
    肥料を与えすぎて、窒素過多になることでも、実付きが悪くなります。花が下を向かずに上や横を向く、花びらの数が6枚ではなく5枚のものが多い、葉が異常に大きい、などのサインが見られる場合は窒素過多が原因と考えられるため、しばらく追肥を控えましょう。
    また、窒素過剰になると、実の先端が黒くなって腐る「尻腐れ果」が発生しやすくなります。一般に「尻腐れ」はカルシウム不足が原因とされていますが、窒素過多がカルシウム不足の原因となるため、結果として、窒素過多で尻腐れが発生することになります。
  • 水分不足
    パプリカは根が浅いこともあり、乾燥に弱く、夏季は水分不足になりがちです。特に、梅雨明け後の8月は、1日2~3回の水やりを欠かさないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認制です。管理者による確認後、コメント欄に反映されます。