全面リニューアルしました!(2019年11月2日)

ズッキーニの育て方

ズッキーニの栽培方法

ズッキーニはつる無しかぼちゃとも呼ばれ、外観はキュウリに似ていますが、分類上はかぼちゃの変種にあたります。栽培自体はそれほど難しくないものの、人工授粉の難易度が高く、家庭菜園初心者にはやや栽培のハードルが高い野菜の1つといえます。

この記事では黄色い外観が特徴のズッキーニ「オーラム」をプランターで種から栽培する方法をご紹介します。

基本データ
難易度 
名称・別名ズッキーニ、ペポカボチャ、スニッカーズ、ツルなしカボチャ
科名ウリ科
英名Zucchini, Courgette
原産地メキシコ
種まき適期4月中旬~5月上旬
種のまき方点まき
最適プランターレリーフプランター650

Step 1:必要資材の準備

ズッキーニをプランターで栽培するために、まずは必要となる資材や道具を揃えましょう。

はじめての家庭菜園でどれを買ったら良いか分からない場合は、この記事で使用している以下の資材一式を購入し、記載の手順通りに育てれば初心者でも失敗無く収穫することが出来ます。特に、種の品種は耐病性や育てやすさに大きく影響するため、初めて栽培する方には以下の品種の使用をお勧めします。

必要な資材

  • オーラム
  • プランター
    レリーフプランター650
  • 培養土
    ゴールデン粒状培養土野菜用
  • 緩効性肥料
  • ジョーロ
  • ハサミ

Step 2:種まき

手順1
鉢底石を入れる
良く洗ったプランターに鉢底石を底が見えなくなるくらいまで入れる
*新品のゴールデン粒状培養土野菜用を使用する場合、この手順は不要です。
手順2
培養土を入れる
プランターに培養土を入れ、出来るだけ平らにならす。
*プランターのふちギリギリまで入れずに、3 ㎝程度、余裕をもって入れましょう。
*種をまくための「蒔き溝、蒔き穴」を作る必要はありません。
手順3
種をまく
点まき。レリーフプランター650なら2点、各点4粒。

ズッキーニ種まき方法

手順4
種に土をかぶせる
培養土を種が完全に見えなくなるまで追加する(すでにプランターに入っている培養土を「寄せる」のではなく、新たに種の上に培養土を追加)。
*このようにすると種を蒔いた部分だけが少し高くなって株元の排水性が向上し、根腐れを予防することができます。
手順5
水やりをする
プランターの排水口から水が流れ出るまでたっぷりと水を与える。
*ホースリールを使用する場合は水勢を弱くし、土や種が流れてしまわないよう注意。プランターは風通しの良い日なたに設置し、発芽するまでは毎朝1日1回の水やりを行いましょう。

Step 3:発芽・間引き

毎日水やりを行うと1週間ほどで順次発芽します。2枚の双葉の先端に種がついたまま発芽することが多々ありますが、しばらく放置すれば自然に外れて双葉が展開します。

ズッキーニ発芽

ズッキーニは双葉のサイズがかなり大きく、すぐに隣の株と重なり合ってしまうので、双葉が完全に展開したタイミングで初回の間引きを行い、各点2株とします。普通に手で引き抜いて間引いても構いませんが、残したい株の根を傷つけてしまう可能性があるため、ハサミで根元から切り取って間引く方法がお勧めです(写真左下と右上がハサミでカットした跡)。

ハサミで切って間引く

しばらくすると本葉が出てきます。

ズッキーニの本葉

3枚目の本葉が出始めた頃に、最終間引きを行い、各点1株、プランター全体で計2株とします(間引き直前の様子)。

最終間引き適期のズッキーニ

ズッキーニは葉が大きく株全体が風にあおられやすいため、下の写真のように最終間引き後にしっかりと土寄せ(または株元への培養土の追加=土増し)を行っておきましょう。上下の写真を見比べると土寄せの様子が良くわかると思います。

ズッキーニ最終間引き後

定期的な追肥が必要
ズッキーニは栽培期間が長期となるため、定期的な追肥が必要です。緩効性肥料なら1か月おき、一般的な化成肥料なら2週間おきを目安として追肥しましょう。追肥の際は株元を避け、プランターのふちに沿って蒔くようにすると根が肥料焼けして痛んでしまう心配がありません。

Step 4:育成

最終間引きを終えたら、しばらくそのまま育成します。

育成中のズッキーニ

葉の白い斑点は病気?
この頃になると以下の写真のように葉に白い斑点が現れはじめます。病気ではないかと心配される方も多いと思いますが、葉の表面に白い斑点が現れるのはズッキーニの特性であるため心配無用です。

ズッキーニの葉の白い斑点

どんどん葉が増え、2株だけでもかなり窮屈になります。

ズッキーニ生育中

この頃から株元周辺に、つぼみがたくさん付き始めます。尚、この写真にあるのはすべて雄花のつぼみです。

ズッキーニ雄花のつぼみ

最初は雄花のつぼみばかりが出来ますが、徐々に、雌花のつぼみも増えてきます。雌花と雄花の見分け方は簡単で、黄色い膨らみの先につぼみがついているのが雌花です。黄色い部分が受粉後肥大し、最終的に食用となります。

ズッキーニ雌花のつぼみ

本葉がこれくらい増えると、次々に雄花と雌花が咲き始めます。そのまま放置してもミツバチなどの媒介によって自然授粉し、結実することもありますが、より確実に着果させるため次に人工授粉(人工交配)を行いましょう。

ズッキーニ開花

Step 5:人工授粉・収穫

雌花と雄花が同時に開花したら、以下の手順どおりに人工授粉を行います。

手順1
雌花を探す
雌花は花の付け根に黄色い膨らみがあるのが特徴です。

ズッキーニの雌花

手順2
雄花を探す
雄花は花の付け根に膨らみが無いのが特徴。

ズッキーニの雄花

手順3
雄花の花弁を取り除く
ハサミで花びらを丁寧に切り取り、雄しべを露出させます。

ズッキーニ人工授粉

手順4
雌しべに雄しべを擦り付ける
露出した雄しべを、雌花の内側にある雌しべの先端に押し当て、花粉をまんべんなく均一に付着させます。

ズッキーニ人工授粉

人工授粉を成功させるためには、4つの条件をすべて同時に満たすことが必要です。

人工授粉の成立条件
  1. 晴れていること
  2. 雄花が咲いていること
  3. 雌花が咲いていること
  4. 朝9時までに人工授粉を完了すること
人工授粉の失敗例

何らかの要因で人工授粉に失敗すると、実が大きくならず、先端から腐り始めます。こうなってしまったら、実の付け根からハサミで切り取って廃棄しましょう。

受粉に失敗したズッキーニ

受粉に成功すると、実がぐんぐん大きくなります。

受粉後のズッキーニ

人工授粉(=開花日)から4~5日して、実のサイズが20 ㎝ほどになったら実の付け根(=果梗、緑色の部分)からハサミでカットして収穫しましょう。

ズッキーニ収穫適期

栽培のポイント・注意点

人工授粉のチャンスを逃さない

ズッキーニ栽培の難しさは、同じ日の朝に雌花と雄花が同時に咲かなければ人工授粉ができず着果しないところにあります。限られた人工授粉のチャンスを逃さないよう、毎朝必ずチェックを忘れないようにしましょう。

下葉刈りで成長促進

収穫期に入ったら下葉に栄養が取られないように、実から下3枚の葉を残し、それより下の葉はすべてハサミで刈り取っておきましょう。こうすることで風通しも良くなります。

早取りで多収に

ズッキーニはサイズが20 ㎝を超えると食味が悪くなります。また、株にも大きな負担がかかり、後続の実の付きが悪くなってしまうため、採り遅れず収穫するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認制です。管理者による確認後、コメント欄に反映されます。